トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > ワットプー祭りへ行って来ました!その1:人で溢れるワットプー

ラオスラオス/パークセー特派員ブログ

ワットプー祭りへ行って来ました!その1:人で溢れるワットプー

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年2月15日

ສະບາຍດີ(サバイディー)、熊谷です。
再三お知らせしていた「ワットプー祭り」が無事に終了致しました!
今年も昨年に引き続き1泊2日の旅程で参加してきましたので、少しばかり報告したいと思います。


20140215-01


ワットプーを訪れた事がある方であれば、ワットプーにこんなに人がいるなんて!!と、びっくりしてしまう位の年に1度の大賑わいです。どこを見ても、人、人、人!こんなこと、あるんですよ~。


私たちは2月13日から泊りがけでワットプーへ行って来ました。まずは13日の夕方の様子から。


20140215-02 20140215-03


普段、ワットプーには僧侶がいません。各村ごとにある寺院で生活をされているのですが、この日ばかりは、翌日早朝の托鉢の為にやって来た、オレンジ色の袈裟を着たお坊さんを沢山観ることができます。そう、お坊さんのお勤めは翌日の朝。なので、前日はお坊さんたちも少しばかり観光モードです。至る所で、スマホを片手に、カメラを片手に記念撮影をする姿が見られます。お坊さんがスマホ!?情緒が~、なんて思うのは日本人だけでしょうか・笑。中々ワットプーへ来ることもない皆さんなので、温かい気持ちで見守って頂ければと思います。


余談ですが、今回パクセーからワットプーまで向かうドイサン(ピックアップトラック)が、お坊さんで溢れていてびっくりしました。まさかお坊さんと一緒のトラックに乗るとは!お坊さんの隣りには一般の男の人が座り、その隣りから女性人が乗る、という感じで、一緒にワットプーへ向かいました。ラオスのお坊さんは女性に触れてはいけないので、ラオス人のおばちゃんのテキパキとした指示の元、席移動がなされ、無事に私たちも乗り込むことが出来ました。あまりにも至近距離過ぎて、カメラを出せなかったのがちょっと残念。普段、お坊さんが乗られる時は、基本助手席に座られるので、あまり一緒になることはありません。


20140215-04


途中の仏像や遺跡の前では、沢山のラオス人がお線香やお花を供えていました。お線香の煙で目がシバシバするくらい、どこでもお線香が焚かれています。こんな様子が至る所で繰り広げられているので、いかにラオス人の生活に仏教が根付いているのかを肌で感じることが出来ます。


20140215-05


ちょうど、ラオスの国花、チャンパーの花(プルメリアの花)が見事に咲いていて、本殿へと続く参道を美しく彩っていました。このチャンパーの花、年に3度ほど咲くらしく、今回は枝に花だけの桜の花スタイルでしたが、緑の葉が生い茂っているタイミングでも咲いたりするので、ラオスにお越しの際はチェックしてみて下さいね。


20140215-06 20140215-07


日が落ちても、ラオス人の人ごみは絶えることがなく、益々人で溢れてきます。夜になるとロウソクの灯が映えて、また美しい世界が広がっていました。コンファーイ(熱気球)も上げられており、みんなの気分も徐々に盛り上がって来ています。


ワットプーの周りでは、音楽コンサートや出店も数多く出ており、このまま朝まで人々で賑わい続けます。音楽が鳴りやんだのは翌朝の4時過ぎでしょうか。ラオス人、元気過ぎます・笑。翌朝の托鉢の様子はまた次回ご紹介したいと思います。


------
この他のワットプー関連情報はこちらへどうぞ!→【世界遺産ワットプー関連記事まとめ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員の熊谷 郁が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/パークセー特派員
名前:熊谷 郁

熊谷 郁

パークセー特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

パクセを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パークセー特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > ワットプー祭りへ行って来ました!その1:人で溢れるワットプー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について