トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > 【ボラベン高原】2本の落差のある滝が見事なタート・ファーン

ラオスラオス/パークセー特派員ブログ

【ボラベン高原】2本の落差のある滝が見事なタート・ファーン

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年1月17日

ສະບາຍດີ(サバイディー)、熊谷です。
私の住んでいるチャンパーサック県は、滝がたくさんあります。というか、滝以外には何もないんじゃないか、と言うくらい、メコン川の川幅いっぱいに架かる迫力のある滝や、ボラベン高原から落ちる落差のある滝等々、バラエティーに富んだ滝に出会う事ができます。そんな滝を少しずつご紹介して行きたいと思います。


今回ご紹介したいのは、パクセーから16号線を東の方向へ38kmほど進んだ所にある「タート・ファーン(ຕາດຟານ)」です。


20140117-01


ボラベン高原の鬱蒼とした森の中に、落差のある2本の滝が美しいタート・ファーンはあります。ビューポイントから観るその姿は、雄大のその一言。落差は100メートルとも200メートルとも言われており、ビューポイントからは滝壺までを確認することが出来ないくらいです。以前は滝壺まで降りられるトレッキングルートがあったようですが、現在は閉鎖中とのこと。滝の上の水が落ちる所までは歩けるコースがあるそうなので、そちらをチャレンジしてみるのもよいかと思います。


比較的パクセーからのアクセスもしやすいので、ちょっと訪れてみようかな、という方にはお勧めです。南部ラオス最大の市場、ダオフアン市場の前の38号線をそのまま東に進んで行くと、途中で16号線に名前が変わり、ひたすら真っ直ぐ38km進むと、進行方向右側にタート・ファーンの看板が見えてきます。そこを右に曲がって約1km進むと、到着です。(ローカルバスで行く場合は、南バスターミナル からセコンかアッタプー行きのバスにのり、16号線沿いの看板の所で降ろしてもらってください。運転手さんにタート・ファーンへ行きたい、と伝えておけば停まってくれます。そこから1kmは歩いて行ってくださいね。)


20140117-02 20140117-03


入口に料金所があるので、1人5,000Kipの入場料を支払い、タート・ファーン・リゾートの看板を見ながら道なりに進んで行くと、一番上の写真の場所に辿り着きます。そして昨年、レストランの前に新しい見晴らし台もでき、そこからだと滝と一緒に写真に綺麗に収まる事もできます。


20140117-04 20140117-05


レストランも、もちろん滝ビューなので、滝を見ながらのんびりご飯を頂くことも可能です。先月行った時にはWifiも使えるようになっていました。この滝の周辺はボラベン高原と呼ばれていて、ラオスコーヒーの一大産地となっています。その為、コーヒーショップも併設されているので、美味しいエスプレッソも頂けますよ。コーヒー農園ツアーやワークショップも開催しているので、こちらはまた今度ご紹介したいと思います。


そして、ここでの私の1番のお気に入りスポットはこれ!


20140117-06


竹製のハンモックです!!固そうに見えますが、意外と体にフィットするんです。
時間が許すようであれば、ここにゴロンとなって、ぼーっとすると、滝の音も相まって非常にリラックスできますよ~。


------
その他のボラベン高原周辺情報はこちらへどうぞ!→【ボラベン高原地図と記事まとめ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員の熊谷 郁が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/パークセー特派員
名前:熊谷 郁

熊谷 郁

パークセー特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

パクセを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パークセー特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > 【ボラベン高原】2本の落差のある滝が見事なタート・ファーン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について