トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > 【バス停案内板】国内移動の要、パクセー南バスターミナル

ラオスラオス/パークセー特派員ブログ

【バス停案内板】国内移動の要、パクセー南バスターミナル

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2013年8月24日

サバイディー、熊谷です。
今回は久しぶりに南バスターミナルへ行ったので、ご紹介したいと思います!キャベツ満載のバスや、バイクをうず高く積んだバスなど、バラエティーに富んだラインナップが皆さまをお待ちしています・笑。ローカルバスを利用できるようになると、ラオス旅が充実してくると思いますよー。


0824-01.JPG


実は、パクセーにはバスターミナルがものすごい沢山あります。
南バスターミナル(南に8km)、北バスターミナル(北に8km)、LAK2(2km)バスターミナル、センチャルンバスターミナル、キャンカイVIPバスターミナル、チッパソンVIPバスターミナル、タラートダオフアンバスターミナル・・・。それぞれが出ている方面が若干違うので、ぼちぼちと順にご紹介していければと思います。



より大きな地図で Access Map を表示


まずは、国内移動の要、パクセー南バスターミナル。ここはパクセー市内から13号線を南下し8kmほど行った所にあります。道路沿いは市場になっているので、パッと見バスターミナルがあるのか分かりません。市場の奥へ入って行くと見えてきます。


0824-02.JPG 0824-03.JPG

チケット売り場で事前にチケットを購入するのも良いですし、バスの中でもチケット売りの人が大抵いるので買う事が出来ます。ちなみに、この南バスターミナルからは、


・ビエンチャン ນະຄອນຫລວງວຽງຈັນ
・ターケーク ທ່າແຂກ
・サワンナケート ສະຫວັນນະເຂດ
・シェンクワン経由ルアンパバーン ຊຽງຂວາງ-ຫລວງພະບາງ
・セノオ ເຊໂນ
・サラワン ສາລະວັນ
・セコン ເຊກອງ
・アッタプー ອັດຕະປື


行きのバスたちが発着しています。時刻表は次の通り!


0824-04.JPG


キレイな時刻表が出来てましたが、あくまでも目安です、この時刻表。
人がいっぱいになったら早く出ちゃうこともあるし、少なかったら時間が過ぎても人が集まるのを待つ、それがラオスのローカルバス・笑。なので、バスでの移動の際には、少し余裕を持ってバスターミナルに行くのが良いかと思います。そして、スケジュールにも余裕を持って。早く着いてバスも確保したら、南バスターミナルの所はローカルな市場になっているので、散策をしてみてもよいかもしれません。あと、バスの中は冷房効いていない事がほとんど!(ビエンチャン行きやサワン行きは逆に効き過ぎのこともあり)それじゃなくても暑いラオスです、水分補充はしっかりと。バス出発前にはお水、必ず購入下さいね。


0824-05.JPG 0824-06.JPG


ローカルバスの他に、もっともっとローカルなドイサン(乗り合いトラック)もこのバスターミナルから発着しています。主な行先は、パクソン(ボラベン高原)やナーカサン、ドーンコーングなどのシーパンドン方面です。こちらのドイサンは基本人が集まったら出発します。午後も出ていることは出ているのですが、午前中に比べて人が中々集まりにくいので、こちらの方面へドイサンで行こうと考えている方は午前中にはバスターミナルへ行くことをお勧めします。


0824-07.JPG 0824-08.JPG


南バスターミナルまではパクセー市内からトゥクトゥク(三輪タクシー)やサムロー(バイクの横に座席を付けたもの)で市内から15分ほど。料金はどこまで値切れるかですが、10,000Kip~30,000Kipくらいを見てもらえればと思います。


0824-09.JPG 0824-10.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員の熊谷 郁が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/パークセー特派員
名前:熊谷 郁

熊谷 郁

パークセー特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

パクセを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パークセー特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > パークセー特派員 > 【バス停案内板】国内移動の要、パクセー南バスターミナル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について