トップ > 北米 > カナダ > オタワ特派員 > カナダでのThe 夏休み!コテージweekend

カナダカナダ/オタワ特派員ブログ

カナダでのThe 夏休み!コテージweekend

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 旅行・ツアー・ホテル / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2011年8月11日

日本の某旅行会社に勤めてる友達がやっと夏休みをもらえたぁとメールしてきました。なんでもずっと終電で帰る日がずっと続いていたようで、本当日本の企業は大変だぁと実感しました。

さて、ここオタワでの夏休みはというと、オンタリオ州の労働基準法では1年間の連続勤務に対して2週間の有給が出る事になっています。私は4月に日本に一時帰国するのに取ってしまったので今年の夏はお預けです。
オタワは政府関係の仕事がとても多く、福利厚生も盛りだくさん!この前問題になった郵政の職員は7週間も休暇があるんです!!!およそ2ヶ月間もどうするんだぁ?!って感じですが、海外旅行に行く人はもちろんのこと、コテージ(別荘)で過ごすのが大半です。
カナダはとても広く、湖などが多いのでコテージがたくさんあります。特に政府関係の高給料をもらっている人が多く住むオタワは、土地価格の安いケベック州と隣接しているため、多くの人がケベック側にコテージを持っています。2時間もあればコテージにアクセス出来るため、金曜の午後から日曜日までといったように毎週末出かける家族もたくさんです。


私は車はもちろんの事、家も持っていませんのでコテージなんて夢のまた夢ですが、彼の親戚が持っていて毎年行くので、連れて行ってもらいました。
場所はオタワからおよそ5時間離れたカワーサ湖(Kwartha Lake)にあるBalsam Lakeという場所です。

私たちは2日半しか休みが取れなかったので、長距離バスのGreyhoundでPeterbroughまで4時間ほどかけて出て、そこから車で迎えに来てもらいました。Peterbroughから車で1時間15分ほどです。途中にアーミッシュという電気などを全く使わない民族が経営するベーカリーがあります。彼らのクッキーやパンは竈で焼くので絶品です。

着いてすぐに夕食です。この日のメニューはBBQと言ってもこっちのBBQはグリルでバーガーやウィンナーなどを焼く事を指します。日本のBBQが懐かしい!!!その後、湖で泳ぎました。湖で泳ぐなんて日本では考えられない事ですがカナダでは日常茶飯事です。彼らが「ビーチに行こう♪」って言っててワクワクしてたら、そこは湖だったなんてことも少なくありません。水があって少しの砂浜があればビーチらしいです。いやぁやっぱビーチは海だろう、と突っ込みたくなりますが、カナダではあまり海にアクセスすることが出来ないので、湖みたいです。
水は最初はやっぱり冷たかったですが、入ってしまうとそんなに感じません。
湖.JPG

日の入りもバッチリ見れました。


次の日は30分ほどかけてFenelon Fallsという町に行き、Kwartha名物のアイスを食べました。クリーミーで美味しい!!!
アイス.JPG

帰ってきて、ハンモックで読書したりのんびりしていたら彼の従姉妹達が「チュービングに行くよ!!!」と張り切っています。本当小学生は元気で羨ましい!!!彼女達、朝はテニスの講習、、帰ってきてから町に行き、そのあと湖でスイミング。
チュービングとは、ボートの後ろに浮き輪みたいなのを付けて、そこに乗ってひっぱってもらうウォータースポーツです。バナナボートの浮き輪版みたいな感じです。
そうなんです、コテージがあれば、ボートやカヌーを所持しているのも当たり前のカナダ。なんか恐ろしいです。。。どこまでリッチなんだろう。。。
従姉妹達は慣れているので、本当に上手。一回もはじき飛ばされませんでした。上の子は余裕過ぎて、コテージでのこととか学校のとか終始話しかけてくれるのですが、私は「うんうん。」とか「そっかそっかぁ。」なんていう相づちしかたたく余裕がありませんでした。。。
tubing.JPG
彼女は手を離すのも余裕です。
tubing.JPG
波長の上にいるときは、そうでもないんですが、そこから外れる時の上下の振動が半端無い!!!私の彼は結構マンモス級なので、浮き輪にたたきつけられてすごい痛かったみたいです。お尻に青あざが出来てしまうほど!!!ポイントはお尻を浮き輪につけないようにすること。私は大丈夫だったのですが、太股が筋肉痛。しかも2日後に発症って、どんだけ年なんでしょう。。。。


夜までめいっぱい遊びました!
夕日.JPG
CIMG6127.JPG
キャンプファイヤーもしました。「森の熊さん」を英語バージョンで歌ったり、マシュマロを焼いたり。


最終日は残念ながら雨が降って、しかも5時間程停電!でもそこはカナダ人、何もしないし気にしない。そんな適当カナダ人、たまにイラっとするけど、こういうのんびりした時間に、のんびりしたカナダ人、良いコンビです。
つかの間の現実逃避、深夜バスで帰り、そのまま仕事に直行です。あぁリアリティは残酷です。
週単位でレンタルしているコテージもあるみたいなので時間に余裕のある方は、こういうカナダならではの夏の過ごし方もオススメです!!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

長井 美翔

カナダ・オタワ特派員の長井 美翔が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/オタワ特派員
名前:長井 美翔

長井 美翔

カナダには2006年の夏より滞在。初めは留学で、Niagara Collegeで観光学を専攻。夏のインターンではカナディアンロッキーにあるコロンビア大氷原でフロントデスクを経験。卒業後、コロンビア大氷原に戻り、冬はバンフでフロントデスクとして働きながら休日はスノーボードに没頭。2009年の秋からOttawaに移住し、カナディアンの彼と黒猫のタマ治朗と暮らしながら、レストランのマネージャーとして働いています。 DISQUS ID @disqus_9npKzA7FEH

オタワ特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

オタワを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オタワ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > オタワ特派員 > カナダでのThe 夏休み!コテージweekend

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について