トップ > 日本 > 大阪2特派員 > 万博記念公園太陽の塔の内部写真撮影が可能になりました

日本国内日本国内/大阪2特派員ブログ

万博記念公園太陽の塔の内部写真撮影が可能になりました

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月 1日

こんにちは。
大阪特派員のかおりです。

2025年に大阪・関西万博の開催が決定した大阪ですが、49年前に大阪万博が開催された跡地にできた万博記念公園をご存知でしょうか。

このときに前衛芸術家・岡本太郎氏によって制作された太陽の塔の内部公開が2018年3月に始まったのですが、写真・動画撮影は許可されていませんでした。
2018年12月より1階展示空間のみ撮影ができるようになりました。
「写真を撮りたい」という声が大阪府に多数寄せられたようです。

DSC_2000.JPG


太陽の塔への入館はHPから予約が必要です。
入り口は太陽の塔の後ろ側です。
写真のスロープを下ります。
DSC_1943.JPG


入り口はこちらです。
以前は万博記念公園中央口でチケット販売窓口があり、予約時に発見されたQRコードを見せて入館料を払うようになっていましたが、現在はこちらの太陽の塔入り口で入館料を払うように変更されています。

DSC_0247.JPG


入館すると地底の太陽が現れます。

DSC_1905.JPG


間隔を空けて5分に1回2分のショーで、表情を変えていきますので注目下さい。
次のショーでは、またさっきとは違う表情が現れます。
DSC_1907.JPG


DSC_1909.JPG


高さ41メートルにおよぶ生命の樹には、生命の進化をたどる33種もの生き物が付けられています。
岡本太郎氏の素晴らしい想像力と、49年という長い年月が感じられます。

000DSC_1922.JPG


撮影機器の落下で展示物の破損があるかもしれないということで、階段を上がってからは撮影ができませんので、1Fでしっかり撮っておいて下さいね。

通常は10:00~17:00の開館ですが、3/20~4/14の桜まつり期間中は9:30~21:00と時間が延長されます。
桜と絡めてぜひお出掛け下さい。

以前にも太陽の塔についての記事を掲載しておりますので、こちらもご覧下さい。
「万博記念公園の太陽の塔の内部公開で48年前にタイムトリップしてみよう」
URL:https://tokuhain.arukikata.co.jp/osaka2/2018/07/48.html



【万博記念公園】
〇住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
〇URL:http://www.expo70-park.jp/
〇太陽の塔オフィシャルサイト:http://taiyounotou-expo70.jp/
 (太陽の塔への入館は、こちらのサイトから予約できます。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かおり

日本国内・大阪2特派員のかおりが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/大阪2特派員
名前:かおり

かおり

地球の歩き方旧徳島Web特派員。夫の転勤により、徳島から大阪へ転居。2018年3月より3度目の大阪府在住となったため、徳島特派員から大阪特派員へと場所を変えて引き続き執筆させていただくことになりました。小学生の息子と3人暮らし。趣味は、旅行・写真。子供と一緒に楽しめる大阪の様々な場所を紹介していきます。
Blog:子供遊び DISQUS ID @disqus_LT4UDo3c6c

大阪2特派員トップにもどる

その他の大阪府の特派員



大阪府に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

大阪2特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 大阪2特派員 > 万博記念公園太陽の塔の内部写真撮影が可能になりました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について