トップ > 日本 > 大阪特派員 > 大阪を洪水から守る毛馬の閘門と洗堰

日本国内日本国内/大阪特派員ブログ

大阪を洪水から守る毛馬の閘門と洗堰

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年3月21日

JR、阪急、阪神(近鉄も)などの鉄道で大阪に来るときに淀川を渡ります。あの真っすぐ流れる淀川は明治期に何回も発生した洪水から大阪を守るために造られた人造の川であることはご存知ですか。
kin.jpg


淀川大堰は大阪にとって大変大きな使命があります。それは大阪市民の飲料水を汲むためです。淀川大堰は淀川河口大阪湾から約10kmの距離にあります。この場所まで潮の満ち引きにより海水が川を上がってきます。

oozeki.JPG

もしここに淀川大堰がなくて下流からあがってくる水の逆流を防がないと、我々大阪市民が飲む水に誤って海水が入ってしまうこともあります。また上流から流れてくる水を淀川大堰で貯めておかないと、渇水期には水が無くなり、飲料水が確保できなくなります。淀川大堰にためている水は、淀川だけではなく、大川にも流します。大川とは、大阪市内を流れる、堂島川や土佐堀川、東横堀川、安治川、木津川、尻無川といろんな名前がついている川の上流の一つです。
ookawa.jpg

そんな大阪のまちにとってなくてはならない存在の淀川大堰が同じ場所にある日本一の排水能力を誇る毛馬排水機場と一緒に月に1回見学できることをご存知すか。

この見学会は昨年台風21号の時など5回も排水ポンプを稼働し、大阪市内を高潮から守った毛馬排水機場にスポットライトが当たっているのですが、実は淀川大堰の管理橋も見学できるのでとても貴重な体験ができます。先日参加した時の様子を動画にしました。

見学会は月1回国土交通省淀川河川事務所淀川出張所が実施しています。詳しくは下記のサイトをお読みください。参加費は無料です。

~日本一の排水能力で大阪市街地を守る~毛馬排水機場見学会を開催

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

平井 裕三

日本国内・大阪特派員の平井 裕三が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/大阪特派員
名前:平井 裕三

平井 裕三

1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

大阪特派員トップにもどる

大阪に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

大阪特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 大阪特派員 > 大阪を洪水から守る毛馬の閘門と洗堰

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について