トップ > 日本 > 大阪特派員 > 道明寺天満宮の鷽替え神事

日本国内日本国内/大阪特派員ブログ

道明寺天満宮の鷽替え神事

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年1月31日

学問の神様としても有名な「菅原道真」政治的な陰謀により九州の太宰府に左遷されたが、その後都では祟りだと恐れられるような出来事が数多く続き、「天神さま」として各地で祀られて静まったといわれています。
そんな菅原道真が太宰府に着任された翌年。神事をされている時に、寒中なのに無数の蜂が襲来して参拝者を悩ましました。そこに一群のうそ鳥が飛来し、蜂を食い尽くして人々を救ったという話がこの「鷽替え神事」の起源です。
天満宮といわれる神社で毎年1月25日の初天神の日に、身替災難除けとして「うそかえ祭」を行うとことは全国にいくつかあり、大阪でも大阪天満宮と藤井寺にあるこの道明寺天満宮で毎年鷽替え神事が開催されています。
2019年1月25日道明寺天満宮へ鷽替え神事に行ってまいりました。地下鉄で天王寺まで行き、そこから近鉄南大阪線に乗り換えます。
jyu.jpg

道明寺の駅までは準急で焼く17分。駅を降りると、道明寺、道明寺天満宮へ向かう道があります。参道はアーケードのない商店街のような感じです。
do.jpg
参道の間は昭和の雰囲気が残ったお店が多くなんとも言えない雰囲気です。
do2m.jpg
昔ながらの陳列をする八百屋さん。今見ると逆に新鮮です。
do3.jpg
参道を抜け、道明寺天満宮に到着いたしました。
te.jpg
25日なので天神市も開かれていました。
iti.jpg
本殿前に来ました。ここが鷽替え神事の会場です。
te.jpg
鷽替え神事とは午前11時(午後3時)に開催されます。列に並びます。時間になりましたら、順番に宮司さん手作りの木彫りの鷽をお配りいたします。配られましたら、「替えましょう、替えましょう」と言いながら、近くの方とどんどん交換してください。太鼓の合図がありましたら、袋を開封してください。「金」と書かれていたら18金の、「銀」と書かれていたら純銀の、「木」と書かれていたら三寸の木製のうそ鳥と交換になります。
書かれていないものも身替り災難除けの御守です。

今日も多くの人が鷽替え神事にお参りです。
23.jpg

この画像からも鷽替えに参加される方が多いことがわかります。
2.jpg

太鼓がなりました。中を開けて裏を見ます。
ta.jpg

uso.jpg

結果は動画で!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

平井 裕三

日本国内・大阪特派員の平井 裕三が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/大阪特派員
名前:平井 裕三

平井 裕三

1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

大阪特派員トップにもどる

大阪に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

大阪特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 大阪特派員 > 道明寺天満宮の鷽替え神事

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について