トップ > 日本 > 岡山特派員 > 吉川元春の本陣「庚申山」 

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

吉川元春の本陣「庚申山」 

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年7月22日

P6065067.JPG
こんにちは。今日は庚申山(標高74.2m)を紹介しましょう。
庚申山は、高松城水攻めの際、毛利方の吉川元春が本陣を構えた山です。頂上に存在感抜群の鉄塔があるのでよく目立ちます。

2.JPG
庚申山の中腹に駐車場があります。山といっても山頂にはお寺があるので登山という感じではありませんね。

3.JPG
石段の途中、左側にガランとした広場がありました。通夜堂の跡地だそうです。
吉川元春が陣を敷いた際、この山には積善寺という堂塔僧坊を持つ大寺院があったそうですが備中高松城水攻めの際、兵火によって焼失したと云われています。

4.JPG
石段を遮るように潜り抜けるような門がありました。変わった造りです。
潜り抜けた先に見えるお堂が毘沙門天です。

5.JPG
お堂を右に行くと鐘楼があり見晴らしもよくなります。

6.JPG
視界を遮られるものがないので吉備の山並みが見渡せます。
山の手前に丘陵があるのがわかるでしょうか?

7.JPG
望遠レンズで近寄ってみます。
これ、古墳ですよ。大きさだけでいうと全国4位の造山古墳です。
2021年1月に記事としてもアップしています。
 → 墳丘に上がれる古墳として日本最大の「造山古墳」

P6065058.JPG
さらに階段を上ります。
案内看板によると、元禄4年に新たに堂宇が建立され、大梵天王・帝釈天王・鬼子母神を奉祀して庚申信仰場として今に伝わっているようです。
お猿さんの石像がちょこちょこと目につきます。

9.JPG
山頂に着きました!

10.JPG
下界から庚申山のシンボルとして見えた鉄塔もありました。

11.JPG
この展望が庚申山の山頂から備中高松城方面です。高松稲荷の大鳥居が目印です。
元春の陣が備中高松城から一番近かったのですが、秀吉の水攻めに遭い湖面の浮城となったあとの到着では、高松城を救援したくても動くことができませんでした。

12.JPG
梵天を祀るお堂の前にもお猿さんの像がありました。赤い前掛けで見えませんが手には、邪気を払うという桃をもっています。

今回は、備中動乱のなかでの水攻めにまつわる史跡という切り口でここに来たので、ここで庚申山を下りました。
しかし! 帰ってから痛恨のミスをおかしたことに気がつきました。
うかつにも、この梵天堂の奥へは行かなかったのです!
このお寺に観光で来る方のほとんどは奥にある毘沙門天磨崖仏を見に来るのだそうです。大岩に掘られた摩崖仏は圧巻の迫力があるそうです。

またいつか、岡山の摩崖仏という切口で訪れたいと思います。(*^^*)













記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 吉川元春の本陣「庚申山」 

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について