トップ > 日本 > 岡山特派員 > 清水宗治公自刃之跡に建つ「妙玄寺」とごうやぶ遺跡 ~岡山市高松地区~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

清水宗治公自刃之跡に建つ「妙玄寺」とごうやぶ遺跡 ~岡山市高松地区~

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月 8日

P6054958.JPG
こんにちは!
前回紹介した備中高松城址 のすぐ東に高松山妙玄寺(こうしょうざんみょうげんじ)というお寺があります。
ここはかつての高松城二ノ丸址にあたります。備中高松城水攻めの名残をとどめる寺院で、この辺りが宗治公の自刃した場所と伝わっています。

P6054959.JPG
境内には、宗治公が主君毛利氏への忠義と城下の兵とその家族五千人の命と引き換えに切腹したことへの顕彰碑がありました。
秀吉に対峙して一艘の小舟が湖と化した高松城から進み出てます。小舟には宗治と共に、兄の月清入道(げつせいにゅうどう)、家臣らの姿があり、秀吉軍が見守るなか、宗治は悠々と能の「誓願寺」を一舞披露し、潔く切腹したと伝わています。そのあまりの見事な最期に、秀吉も「武士の鑑」と感嘆したといわれています。

3.JPG
妙玄寺は慶長5(1600)年、高松知行所の領主・花房職之により花房家の菩提寺として建立されます。400年の歴史を持ちますが本堂は意外と新しく3年前に再建されたばかりです。
秀吉陣営に属した宇喜多家の家老だった花房職之は、領主として治めるこの地に寺院を建立した際、宗治公の忠勇義烈に敬意を表し「高松院殿清鏡宗心大居士」と記した位牌を祀り花房家の位牌とともにお祀りしています。

私がここを訪れたのは「宗治祭」の前日でした。境内には正装した僧侶の読経が流れ「宗治祭」の前夜祭の最中だったようでした。

4.JPG
本堂から向かって右側には、昭和38(1963)年に建立された供養塔があったので合唱。
地元にはもちろん歴史愛好家などにも宗治公の人気は高く、熱心な方はこちらの供養塔にも来られるようです。

5.jpg
宗治公の供養塔の場所から東を見ると石井山があります。
羽柴秀吉は攻めあぐんだ末に黒田官兵衛の献策により「水攻め」を決断し、本陣をこの石井山に移して築堤をすすめ水攻めを敢行します。
ちょうど、白い幟の翻る場所が秀吉の本陣跡です。

6.JPG
もうひとつ、この寺の近くにごうやぶ遺跡というものがありました。
高松城三の丸総門のわきにあたり、田んぼの中に作で囲われて残っていました。
高松城主清水宗治が切腹する船を追って、宗治の草履取だった七郎二郎と宗治の兄・月清の馬の口取與十郎が「一足先に三途の川でお待ち申します」とお互いに刺し違えて殉死したところと伝わっています。

7.JPG
木の袂には小さな祠が安置されていました。
宗治公の後を追って、兄の月清入道(げつせいにゅうどう)、家臣2人も自害を遂げ、4人の介錯を行った國府市正も自刃したそうです。


■妙玄寺
・住所: 〒701-1335 岡山県岡山市北区高松691
・電話番号: 086-250-3704
・URL: https://myougenji.or.jp/
・アクセス: (車)岡山自動車道岡山総社ICから約15分/(公共)JR備中高松駅から徒歩約10分






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 清水宗治公自刃之跡に建つ「妙玄寺」とごうやぶ遺跡 ~岡山市高松地区~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について