トップ > 日本 > 岡山特派員 > 鬼が傷を癒やしたと伝わる「鬼ヶ嶽」 ~井原市美星町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

鬼が傷を癒やしたと伝わる「鬼ヶ嶽」 ~井原市美星町~

カテゴリー: 投稿日:2021年5月27日

P5024581.JPG
こんにちは。岡山特派員のmamiです。
岡山県の新たなコロナ感染者は2週間前をピークに減少に向かっていますが、自宅療養中の方も約800人といわれ、医療施設はひっ迫しています。政府が2021年5月末となっている緊急事態宣言の期限を6月20日まで延長する方向で調整を進めていることに対して、岡山県の伊原木知事は、延長を望むとの考えを示しています。

今回紹介するのは、美星町の鬼ヶ嶽で小田川の支流 美山川沿いにある名勝です。
私が訪れたGWは新緑の美しい季節でした。
普段はこの県道沿いの鬼ヶ嶽ダムから上流4㎞の渓谷美をドライブで楽しむのですが、この日は車を降りて散策してみます。

P5024567.JPG 県道わきにある道路下の駐車場から鬼の看板が見えます。
県道から駐車場がわかりにくいのですが、この鬼が目印です。
紅葉が特に有名で、休日には多くの車が集まってきますが新緑はなぜかガラガラです。

P5024569.JPG
前日の雨で川の水が濁っていたのは残念ですが、紅葉の爽やかな新緑がみずみずしく感じられました。
温羅(うら)伝説にちなむ「鬼の釜」「鬼の足跡」など、清水がつくりあげた奇岩群も見られるようですが、川床に降りるような階段や遊歩道はみ見当たりませんでした。

P5024580.JPG
鬼の看板の後ろにも数台の車の駐車場がありました。

P5024570.JPG
鬼の後ろには簡単なハイキングマップがありました。
マップには「ラドン温泉」がありますが今は営業していませんのでご注意を。

P5024571.JPG
この山道を行けば「鬼堂」へ続き、山の中を一周して「かじか橋」のかかる県道に出るみたいです。

P5024578.JPG
ハイキングコースの脇には小川が流れています。この辺り特有の赤土です。

P5024575.JPG
マップにはなかった階段道が木陰にあったので登ってみます。

P5024576.JPG
登った先にも東西に整備の行き届いた道が続いていますが、当然スマホの地図にもない道です。

P5024572.JPG
元のハイキングコースに戻ります。この山道にも紅葉が多くあります。
秋には錦織りなす見事な景観となるのでしょうね。
しかし、なかなか「鬼堂」には到着しません。
カメラ片手にサンダル履き、山の中を歩き回る格好でもないので、あきらめて車に戻ります。
ちょっと散策のつもりが、ひとりで熊や猪に遭うのも嫌ですし!


P5024568.JPG
車に戻り、美山川上流を目指します。

P5024565.JPG
美山川沿いの県道に車を停め「白糸の滝」へ向かいます。
橋を渡るとすぐです。

P5024556.JPG
落差も25mもある5段の滝ですが、残念なことに全体の姿は見えません。
「白糸の滝」は詩人・西条八十(さいじょうやそ)が命名した滝だそうです。
上流も水が濁っているのが残念でした。


■鬼ヶ嶽
・住所: 〒714-1404 岡山県井原市美星町烏頭
・電話番号: 0866-62-9531(井原市教育委員会)
・交通アクセス: (車)山陽自動車道笠岡ICから約35分、(公共)井原鉄道矢掛駅からタクシー約30分





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 鬼が傷を癒やしたと伝わる「鬼ヶ嶽」 ~井原市美星町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について