トップ > 日本 > 岡山特派員 > 備前国分寺跡周りの史跡 ~赤磐市(旧山陽町)~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

備前国分寺跡周りの史跡 ~赤磐市(旧山陽町)~

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年4月26日

P1043427.JPG
赤磐市の旧山陽町には他にも見どころがあります。
備前国分寺跡から南に300mほどの場所には、備前国分尼寺跡があったのではないかと推測されている場所があります。

P1043429.JPG
国分寺と同じ瓦や礎石が左の仁王堂池と右の田んぼ付近から出てきています。
水鏡のように水面に青空の映る仁王堂池が印象的でした。

P1043423.JPG
さらに南へ歩くと朱千駄古墳です。
竹藪におおわれた墳丘全長85mの前方後円墳です。

P1043425.JPG
中からは、この古墳名の由来となった大量の朱や銅鏡、玉類、刀剣類が出土しといいます。

P1043432.JPG
お次は東へ東へ1km弱の場所にあった小山古墳です。
葡萄畑の中のあぜ道を通り抜けて行きます。
ここ旧山陽町は桃や葡萄、梨の栽培が盛んです。
以前も紹介しましたがフルーツの直売所もたくさんあります。

P1043440.JPG
古墳の上にはお稲荷さんがありました。

P1043439.JPG
神社の周りには石棺らしき石の破片が散乱しています。
盗掘されたのかな。それとも、お稲荷さんを建てるために破壊したのかな?

この石棺の石は九州の阿蘇溶結凝灰岩と説明板にありました。
阿蘇から瀬戸内海を通り備前まで、この重たい石を1500年も昔の人は人力で運ぶことができたんですね~。
小さな古墳だけど、権力のある人が葬られていたのでしょう。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 備前国分寺跡周りの史跡 ~赤磐市(旧山陽町)~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について