トップ > 日本 > 岡山特派員 > 干拓地に咲く桜 ~岡山市南区藤田~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

干拓地に咲く桜 ~岡山市南区藤田~

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年3月21日

1.JPG
こんにちは。岡山でも2021年4月20日に開花宣言が出ました。
桜が咲き始めると春が駆け足でやってきたようです。
県南の岡南地区は河津桜が多く咲いていることを案内してきましたが、岡南地区の南西に児島湖に流れ込む笹が瀬川と倉敷川に挟まれた藤田地区があります。
こちらの桜並木も観光地ではありませんが1.6㌔も続き見応えがあります。今年の桜はこれからなので過去の写真を使って案内したいと思います。

3.JPG
この辺りは明治時代に干拓をされた土地なので古い樋門がいくつか残っています。

4.JPG
この樋門は、宮川樋門といいます。切石のアーチが印象的ですね。

5.JPG
これは桜っぽいのですが、梅の源平咲きでしょうか。

7.JPG
少し下流に移動すると「常川樋門」がありました。
この樋門から北東へは田畑が広がっています。
農業用水の調整にも使っているのでしょうか。樋門は水位の高くなった川から宅地への水の逆流を防ぐ重要な役割を担っています。

9.JPG
倉敷川との合流地点まで下ってくると「片崎樋門」がありました。
これらの樋門は児島湾干拓第一区の時に建造されました。

10.JPG
オランダ人の技師が基本設計し、当時藤田組の顧問技師によって設計をされています。
日本最古のオランダ工法によるこれらの樋門は、地元産の花崗岩がふんだんに使われ、傘灯篭の樋柱をそなえるなど、和風的なデザインが特徴です。

藤田は今は岡山市ですが、萩の豪商藤田組の藤田傳三郎が、私財をなげうって干拓を行ったので、かつては「児島郡藤田村」と呼ばれていました。


 





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 干拓地に咲く桜 ~岡山市南区藤田~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について