トップ > 日本 > 岡山特派員 > 周濠を持つ「両宮山古墳」 ~赤磐市(旧山陽町)~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

周濠を持つ「両宮山古墳」 ~赤磐市(旧山陽町)~

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2021年2月13日

19.JPG
"日本遺産「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま"の構成文化財を紹介していますが、古代山陽道を東へ進むと赤磐市に入ります。
赤磐市の旧山陽町地区には、日本遺産の両宮山古墳を始めとする数々の遺跡があります。
観光案内所で自転車を借り、サイクリングをしながら巡ってみようと思って訪れましたが、この日、2021年1月4日はまだお正月のせいかお休みでした。残念!

1.JPG
ここには、両宮山古墳という県下で3番目に大きな前方後円墳があります。
この土手の内濠の奥が古墳です。堤の高さは平屋建ての建物の屋根よりも高いですよ。

2.JPG
土手の周りから北の道に入り込むと標識がありました。

3.JPG
正面に古墳が見えます。農家の庭先を通過した先になります。

4.JPG
右手にこんもりとした小山が見えます。
あれは両宮山古墳の倍塚の和田茶臼山古墳になります。

5.JPG
墳丘への入口が見えました。
この辺りが前方後円墳の作り出し部分になります。

7.JPG
もともとあった丘陵の上に盛り土をして作られた古墳だそうで
墳丘は三段築成で全長349mです。

8.JPG
前方側のコーナーを回ると鳥居がありました。
古墳の上に神社があるのは、造山古墳と一緒です。両宮神社といいます。
現地では祭神がよくわからなかったので、帰って神社庁のウェブサイトを見ると伊勢神社と載っていて、戦国時代に和田伊織が、ここを居城にしていたことが書いてありました。
御祭神も祭典の欄も空白でした。

10.JPG
満々と水をたたえていると思っていた内濠は、ほとんど水がありません。
奈良や大阪ではよく見られる周濠を持つ古墳は、吉備地方に少ないので貴重な存在です。

11.JPG
墳丘を登り後円部側へ行こうと思いましたが、思った以上い急峻で見晴らしもよくなさそうなので、途中まで登るもやめてしまいました。

12.JPG
墳丘を降り、東側から後円部側の全景です。

15.JPG
内濠を眺めに中堤を登ります。

16.JPG
あらら、見事に水がありません。雨が降らないせい?
こんな両宮山古墳の姿は珍しいかも~。
中堤が100mは続き、部分的に畑になっています。古墳の所有権ってどうなっているのでしょうか?

13.JPG
葺石のようなものが設置されています。でも、これは古墳の裾を保護するための保存工事でした。

14.JPG
本来の両宮山古墳の姿は左側のように内濠に水をたたえています。
この中堤の外側には、更に外濠がある二重の周濠でした。

20.JPG
ここにもお約束の日本遺産の案内板がありました。




■両宮山古墳
・住所: 〒709-0824 岡山県赤磐市穂崎
・電話番号: 086-955-0710(赤磐市教育委員会社会教育課)
・URL: 赤磐の文化財公式ウェブサイト
・交通アクセス: (車)山陽自動車道山陽ICから約10分/(公共)JR瀬戸駅からタクシー約10分
・駐車場: 「稚媛の里」駐車場を利用、普通車25台 大型バス1台




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 周濠を持つ「両宮山古墳」 ~赤磐市(旧山陽町)~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について