トップ > 日本 > 岡山特派員 > 両宮山古墳の陪塚といわれる古墳巡り ~赤磐市(旧山陽町)~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

両宮山古墳の陪塚といわれる古墳巡り ~赤磐市(旧山陽町)~

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年2月19日

1.JPG
両宮山古墳 を見た後は北側にある和田茶臼山古墳を目指します。
ちょうど、草を刈った後なので古墳の形がよくわかりますね。
円墳かと思ったのですが......

2.JPG
近づいてみると違いますね。
墳丘全長55mもある古墳で、形状は帆立貝型古墳になります。
いろんな古墳を見て回っていますが、帆立貝型古墳には初めて出合いました。

3.JPG
赤磐市教育委員会のパンフレットによると、こういう位置関係になります。
両宮山古墳と同じように二重の周濠を持っていて、両宮山古墳と計画的に配置されていることから、この古墳の埋葬者は両宮山古墳の埋葬者と親密な関係であったと想定され陪塚と言われています。

4.JPG
説明版が立っていて、ここから登っても大丈夫なようです。

P1043359.JPG
草が刈ってあるので歩き回れます。
とは言っても、そんなに広くはないんですがね。

P1043360.JPG
分頂から見る両宮山古墳です。

P1043406.JPG
そして、両宮山古墳の南にはもうひとつ陪塚と考えられている「森山古墳」があります。
墳丘に生えたクリスマスツリーのような木がシンボルとなっています。

P1043408.JPG
ここから上がります。
墳丘全長82m、後円部径63m、同高さ12.1m、総長136mあり、先ほどの和田茶臼山古墳よりも大きな帆立貝形の古墳です。
こちらもかつては、周囲に周濠を巡らし、さらに葺石も設置されていたそうです。

P1043410.JPG
それにしても、この古墳の周りには烏が多いのには閉口しました。

P1043414.JPG
「森山古墳」を東へ降りると高月公民館があります。
ここには古墳らしい姿かたちがありませんが、この公民館の建設にともなう発掘調査によって新たに発見された「正免東古墳」です。
森山古墳のような墳丘は、開墾によってなくなっていますが、葺石や鹿などの絵が線刻された埴輪などが周濠の底に残っていたそうです。

P1043416.JPG
さらに、公民館の東の畑の中にも古墳がありました。「廻り山古墳」といいます。
小高い丘を利用して作られているとありましたが、周囲を畑として開墾されているので墳形や規模は定かではないそうです。

P1043418.JPG
ここまでは歩いて登れますが墳丘の上へはヤブ漕ぎ状態で断念しました。

いかがでしょうか。どの古墳も未発掘で、内部のことはわかりませんが両宮山古墳を中心に狭い範囲にいくつもの陪塚が点在しています。
近くにあるほかの古墳や備前国分寺跡と合わせて背筋部気分で散策するのも楽しいですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 両宮山古墳の陪塚といわれる古墳巡り ~赤磐市(旧山陽町)~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について