トップ > 日本 > 岡山特派員 > お礼は「倍返し」の田倉牛神社(たくらうしかみしゃ) ~備前市吉永町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

お礼は「倍返し」の田倉牛神社(たくらうしかみしゃ) ~備前市吉永町~

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2021年1月26日

今年2021年はコロナ禍で初詣は、節分までのうちに"分散もうで"と言われていますね。
私は喪中で行けませんでしたが、丑年には必ずお参りをしたい田倉牛神社(たくらうしかみしゃ)という神社があります。
昨年撮った写真で田倉牛神社の初大祭の様子を案内します。

P1050135.JPG
1月5日の田倉牛神社の大祭は県下でも有名な奇祭のひとつです。

P1050161.JPG
参拝作法は、ちょっと変わっていて参道で売られている備前焼の牛の置物1体を買います。
願い事によって牛の色も変わるみたいです。

P1050139.JPG
境内に入ると牛の像の周りにも小さな牛がいっぱい!
この小さな牛が奉納されたものです。
間違えてここから1体持って行っちゃあいけませんよ~。
すぐ横の階段を歩いて登ります。

P1050149.JPG
この神社には拝殿も本殿もなく、柵で囲まれた結界内には、うず高く積み上げられた備前焼の牛で神座ができあがっていました。
積み上げられた牛の置物は、なんと30万体もあるといわれています。

P1050144.JPG
ここに買った1体を奉納します。

P1050147.JPG
皆さん、真剣に結界内の牛たちを凝視していますね~。
なぜなら、牛を奉納したら、結界内の1体と交換して持ち帰るためです。
「あれが渋くていい感じ」
「こっちのほうが賢そうな顔」とか言いながら手を伸ばします。

祈願成就したら、翌年に持ち帰った1体と新たな1体を購入し「倍返し」する習わしがあります。
こうして結界内の牛さんたちがどんどんと増殖していくわけです。

P1050152.JPG
祠の周りにも牛さん。
もともとは江戸中期、当時の農作業を支えた牛、馬の健康を祈願する農村信仰の神社だったそうですがいまは家内安全、五穀豊穣、商売繁盛などのお願いを聞いてくれるそうです。

P1050158.JPG
なかなかの盛況ぶりですね。
昨年、この神社にやってきたのは今年の年賀状に使えそうな写真を撮るためでしたが同じことを考えている人が多いのか、人気のある景色は順番待ちがあるほどでした。
昨年の大祭は、この小さな神社に1万人もの人が訪れたとか!

今年も5日、初大祭は行われ多くの参拝者が新型コロナウイルスの収束や家内安全などを祈り、備前焼の牛の置物を奉納したと報道されていました。



■田倉牛神社
・住所: 〒709-0222 岡山県備前市吉永町福満
・電話番号: 0869-84-2998(天牛舎)
・URL: 備前観光協会
・アクセス: (車)山陽自動車道備前ICから約10分/(公共)JR吉永駅から徒歩約20分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > お礼は「倍返し」の田倉牛神社(たくらうしかみしゃ) ~備前市吉永町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について