トップ > 日本 > 岡山特派員 > 御陵から吉備津さまへ ~備中一宮~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

御陵から吉備津さまへ ~備中一宮~

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2020年11月30日

1.JPG
前回の続きとなります。
やっと、吉備津彦の墓と伝えられる全長105mの前方後円墳の中山茶臼山古墳に到着しました。
古墳時代前期(4世紀頃)に築かれたと推定されています。
天皇の皇子のお墓なので宮内庁の管轄となり全国の御陵と同じように立ち入ることはできません。

2.JPG
参道はカエデが多く紅葉がきれいでした。

3.JPG

想像以上に広く立派な御陵でした。
大和政権にとって、吉備国を制圧することのできた吉備津彦命は大きな存在だったのでしょう。
考古学的調査は行われいませんが、墓域からは特殊器台形埴輪が採取されています。
実際のところ、吉備津彦命が実在したかは不明ですが、南に吉備の穴海が広がり海運の要所であることから大きな勢力を持った大首長の墓であることは間違いないと思います。

5.JPG
御陵前の広場の片隅に紅い前掛けをしたお地蔵さまの列が......
おそらくこの先の、平安時代に山岳仏教で栄えた八徳寺へ続く道だと思います。

帰ってから知ったことですが、明治4(1871)年、倉敷県庁に提出された「一品吉備津宮社記」によれば
八徳寺は「波津登玖神社」であり、祭神は「温羅命」となっているそうです。
このことから、中山茶臼山古墳には温羅が祀られているとする研究者いらっしゃるそうです。
かなり、驚きの新説(?)です。 Σ⊙▃⊙川

6.JPG
吉備の中山の山中には、まだまだ遺跡があふれていますが、ここで吉備津神社へ向けて山を降り県道に出ます。

7.JPG
県道からさらにその下の遊歩道におりると清々しく気持ちのいい道です。

9.JPG
鬱蒼としているけど、こんな道が好きです。小川に沿って下りて行きます。

10.JPG
川の水がほとんどなかったので、せっかくの滝も流れていませんでした。
ふだんは赤い祠から水が流れ出ているのです。

11.JPG
やっと、吉備津神社の西の端に到着です。
おつかれさま~。
備中国一之宮の吉備津神社については、またいつかレポしますね。
ここの社殿は国宝に指定されていて見どころ満載の神社です。

12.JPG
吉備津の松林から中山を振り返ります。
左が龍王山で右が御陵のある茶臼山です。
こうやって、ふたつのお山を眺めると達成感を感じます。

13.JPG
すっかり夕方になりました。
夫が吉備線を撮影していたので車を置いた吉備津彦神社まで電車で帰るのかな?と思ったら歩きでした~。

15.JPG
帰りは、吉備の中山の麓の道を歩きます。
てくてく歩いて福田海のお寺を通ります。
天柱岩からこんな下まで下りて来ていたんですね~。

16.JPG
車で通ると見落としそうな小さな川ですが、細谷川といいます。
吉備の中山は、備前国と備中国が仲良く分け合っていて、山の北側の境界が細谷川だそうです。
この川は、古くは古今和歌集の中にも載っています。

「まがねふく 吉備の中山 帯にせる 細谷川の 音のさやけさ」

私は細谷川の橋から写真を撮っていますが、この橋の名前が両国橋で備前と備中のふたつの国をまたぐ橋という意味です。
また、石碑の左側面には

「野は里に ひらけゆく世も 谷川の ほそき流れは なお残りけり」

という明治の宰相山県有朋の歌も刻まれていました。

17.JPG
麓を歩くと龍王山へ登る道が幾本かあります。

18.JPG
スタート地点の吉備津彦神社に戻ってきました~。

 ¥(^O^)/

山あり谷あり歴史あり、私たち夫婦にはちょうどいい登山でした。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 御陵から吉備津さまへ ~備中一宮~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について