トップ > 日本 > 岡山特派員 > 那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年10月26日

奈義町にはまだまだ、魅力的な場所があります。

P9211795.JPG
奈義町現代美術館(通称NagiMOCA/ナギ・モカ)
この美術館は借景に那岐山を望む、作品と建物が一体化した建築家、磯崎新氏が設計し1994年に完成した美術館です。
磯崎氏は昨年、建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」を受賞されているので、ご記憶の方もあるかと思います(アメリカのホテルチェーン「ハイアットホテルアンドリゾーツ」のオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団 から建築家に対して授与される賞)。
雄大な那岐山の懐に抱かれ、建物も大変魅力的な美術館です。


P9211794.JPG
太陽、月、大地と名付けられた3つの展示室から構成されていて、右側の丸い円柱状の建物が"太陽"で《遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体》というタイトルがついています。
美術館に入ってすぐの"大地"は彫刻家・故宮脇愛子氏の作品です。余談ですが磯崎氏の奥様になる方です。
この部屋は「雨の日がいい」と個人的には思います。

作品と建物が一体化とは?
と、疑問に思った方は下のウェブサイトをご覧になったら解ると思います。

奈義町観光サイト https://www.town.nagi.okayama.jp/moca/index.html



■奈義町現代美術館
・住所: 〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
・電話番号: 0868-36-5811(奈義町現代美術館)
・営業時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
・定休日: 月曜日、祝日の翌日
・料金: 一般・大学生 700円、高校生 500円、小・中学生 300円
・駐車場: 普通車30台
・交通アクセス: (車)中国自動車道美作ICまたは津山ICから約20分/(公共)JR津山駅から行方・馬桑行きバス30分、 「ナギテラス(奈義町役場)」下車、徒歩約3分




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について