トップ > 日本 > 岡山特派員 > 巨人伝説の残る「蛇淵の滝」 ~勝田郡奈義町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

巨人伝説の残る「蛇淵の滝」 ~勝田郡奈義町~

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2020年10月 1日

3.JPG 前回の菩提寺の大銀杏の途中に滝への遊歩道があることにふれましたが
今回は、その滝のひとつ「蛇淵の滝」をご紹介します。

本来は、この遊歩道を上がって行くつもりでしたが突然のスコールのような雨に遭い。20分ほど車中で待機し、小雨になった頃、「また降るかも...」と、結局、滝近くの駐車場まで車で上がり歩き始める根性無しの私たちです。

2.JPG 鳥居をくぐり、鬱蒼とした遊歩道を歩くと、滝壺の見下ろせる東屋に到着します。

3.JPG 国定公園那岐山の中腹にあり、
落差20メートルから、数段に分かれて流れ落ちる滝は、迫力があり、風向きによっては飛沫を浴びるくらいです!
11月に訪れた時は、落水の起こす風が吹きつけ、とんでもない寒さでした。
上の滝を男(雄)滝、下の滝を女(雌)滝と呼び、男滝には底の知れない滝壷があります。
地元に伝わる巨人伝説「三穂太郎(さんぶたろう)」の母である大蛇がこの淵の主であったとされています。

5.JPG
周囲はうっそうとした樹木に覆われ、昼なお暗く、昔より淵に大蛇が住むといわれています。
苔むした岩や木々の緑が水面に映り神秘的な滝でした。
さらにこの上には、30分ほど歩くと「追込み滝」「親滝」とありますが雲行きも怪しいのでここまでとしました。


~さんぶたろう伝説~
昔々、領主が菩提寺に向かう途中、女と出会い、やがて夫婦になり、太郎丸という名の男児をもうけます。
女は乳をやるときだけは産屋をのぞかぬよう約束させたが、我慢しきれなくなった男は、産屋を覗いてしまうも、そこにはとぐろを巻いて太郎に乳をやる大蛇が...。

正体を見られた女は姿を消し、残された太郎は泣くばかりでなにも口にしません。
領主は太郎を連れて山中をさまよい、やがて淵のほとりで大蛇に再会します。
大蛇は五色に光る珠を差し出し、淵の中へ消えていきました。大蛇が消えた淵は蛇淵と呼ばれるようになります。

その後、珠の霊力でぐんぐん成長し、雲も突き抜けるほどの巨人になった太郎は、仙術を自在に操り、三歩で京まで行き交い、奈義の地にいながら禁裏の護衛を勤めたので「三歩太郎」と呼ばれました。
この地方きっての勢力者になった太郎は豊田姫との間に七人の男児をもうけますが、一方で播州の佐用姫の元にも通っていました。ある時、豊田姫に嫉妬した佐用姫が草履に仕込んだ針で足の裏に傷を負った太郎は、それが元で死んでしまいます。


<>






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 巨人伝説の残る「蛇淵の滝」 ~勝田郡奈義町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について