トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓新八景「天神山」と「前島」 ~瀬戸内市牛窓~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

牛窓新八景「天神山」と「前島」 ~瀬戸内市牛窓~

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月15日

P1260315.JPG
「牛窓新八景」を紹介しています。
阿弥陀ヶ峰から港に戻ると前島からのフェリーが到着したところでした。
対岸の前島も新八景ですが、船嫌いの夫と一緒なので上陸はせずに別の角度から眺めます。

3.JPG
港から牛窓往来を通り小高い天神山を目指します。
文字通り山頂には天神様を祀るお宮があります。
麓から一直線の階段で上れます。
このお宮は天神山を加工して築造された前方後円墳の上に建っています。

4.JPG
境内からは海が見下ろせます。実はここも新八景です。
「阿弥陀ヶ峰」から見た前島や黒島がより近くに見えます。

1.jpg
先ほどの牛窓港と前島を結ぶフェリーも行き交っています。
この間は幅230~400mで、大潮の引き潮時には渦ができるほどの奔流となり大河のような流れとなるそうです。
その風景も一度見てみたいものです。
前島の何が新八景かというと展望台から見る景色だそうです。
前島は桐島かれんと黒木華のサントリーオールフリーのCMで有名になったので
記憶にある方もいらっしゃると思います。

6.JPG
ここにも歌碑がたくさん建っていました。

磯山の峯の松風通い来て 浪や引くらん唐琴の迫戸 《菅原道真》


菅原道真も太宰府へ左遷になる途中、牛窓に立ち寄りこの天神山へ登り、はるか彼方の讃岐の島を眺め、讃岐守だった若き日を偲び、涙を流されたと伝わっています。

7.jpg
牛窓は とかく水鳥の 名所かな 《松尾芭蕉》


忘れぬは浪路の月に憂へひつつ 身をうしまどに泊る舟人 《藤原定家》


芭蕉が瀬戸内の方まで来ていたことは知りませんでした。

8.jpg
日本の夕日百選にも選ばれている牛窓ですが、ここ天神山から見る夕日は特にすばらしいと知りました。

9.jpg
かすかに兵庫県の家島諸島も見えます。

10.JPG
山の南にまわると牛窓往来に面して本連寺が見えます。
その奥の白亜紀の建物はリゾートホテルの「リマーニ」。
対照的なふたつの建物が並んで見えるのもここならではの風景です。

11.JPG
墳丘からは埴輪の破片や葺石が見つかっているというので周囲を歩いてみます。
露出しているという板状割石も素人目には、よくわかりません。
牛窓は湾を取り囲むように数基の前方後円墳が分布しますが、江戸時代に「牛窓八景」が言い伝えられた頃には「波歌山」という景勝地があったそうです。
ここも古墳だったのですが大正時代、周囲の開発によって山自体がほとんど名残を残さず消失してしまったとか。
波歌山の麓には砂浜が広がり干潮になれば砂州が現れ対岸の紺浦地区に渡ることもできたとか。
もうひとつ、砂の浮橋があったわけですね。

14.JPG
天神山を降りたら牛窓往来を通り次の新八景を目指します。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓新八景「天神山」と「前島」 ~瀬戸内市牛窓~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について