トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓新八景「唐琴の瀬戸」「宿井の浜」

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

牛窓新八景「唐琴の瀬戸」「宿井の浜」

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月22日

2.JPG
牛窓往来をブラブラ歩いて10分弱ほどで着いたのが「唐琴の瀬戸」です。7番目の新八景です。
目と鼻の先に見えるのが前島です。

3.JPG
牛窓港と前島の間です。前回も書きましたが幅230~400m、東西800mの狭い地形です。
大潮の引き潮時には渦ができるほどの奔流となり大河のような流れとなるそうです。
ここからのその眺めはさぞかし迫力のあることでしょう!

4.JPG
この日は満々と潮位をたたえた穏やかな海でした。

5.JPG
古くから唐琴の瀬戸を往く船の安全を見守ってきた「燈籠堂」

7.JPG
「燈籠堂」のすぐかたわらに囲われた岩があります。
纜石(ともづないし)といわれ神功皇后の船をつないだ伝説が残ります。

11.JPG
「燈籠堂」の北には「五香宮」という神功皇后所縁の神社がありましたがここは猫の聖地?と思うくらい十数匹の猫に出合いました。
猫好きさんは必見のお宮ですよ~。

6.JPG
ノスタルジックな格子戸の町家がたたずむ町並みを通り抜け、次の新八景へ向かいます。

P1260300.JPG
最後にやって来た新八景は「宿井(すくい)の浜」です。

1.jpg
宿井の浜というとなじみがないのですが"牛窓海水浴場"のことでした。
明治22(1889)年には海水浴場としてオープンしているので県下でもかなり古い海水浴場です。

P1260296.JPG
浜の外れの船を係留しているあたりです。
曇ってきたので写真は暗いけど、海は透明感があってきれいです。

P1260304.JPG
この浜から牛窓神社へ歩いてあがれます。
この神社の上から見降ろす景色ものどかで好きですが新八景ではないみたい。

P1260302.JPG
この写真の崖は牛窓断層帯地層という珍しい地形で天然記念物に指定されています。

近くには柿本人麿の作と伝わるの歌碑がありました。
兵庫県明石で詠んだ歌は有名ですが牛窓までも来ていたみたいです。

牛窓の 波の潮騒 島響(とよ)み 寄そりし君は 逢はずかもあらむ


いかがでしたか。以上が牛窓新八景です。
私が巡った時点では、牛窓新八景というロードマップはなかったのですがガイドブックには載っていないディープな歴史や地質まで堪能できる旅になると思います。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓新八景「唐琴の瀬戸」「宿井の浜」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について