トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓オリーブ園から瀬戸内の眺望 ~瀬戸内市牛窓~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

牛窓オリーブ園から瀬戸内の眺望 ~瀬戸内市牛窓~

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年7月11日

1.JPG
瀬戸内市の牛窓オリーブ園を紹介していますが、次は園内にある「牛窓オリーブショップ」のある建物の展望台を目指しましょう。

建物の3階と5階に展望台があり、園内の眺望から瀬戸内の多島美まで眺められます。
眼下のベンチではソフトクリームなどを食べる人がちらほら。テイクアウトした食事をこのテーブルで食べるのも気持ちがよさそ~。

2.JPG
展望広場の全景も見下ろせます。
前回、紹介した瀬戸内海の眺めはこの展望広場から撮った写真です。
恋人の聖地と認定された「牛窓」

3.JPG
こちらもオリーブの小径などのあるオリーブ畑の一部です。

4.JPG
瀬戸内海の多島美も山頂広場とは違った視点で楽しめます。
牛窓ヨットハーバーの山の上には"ホテルイルマーレ牛窓"も見えます。

牛窓の町を上から見下ろすとオレンジの瓦屋根が目立ちますが、観光地としてエーゲ海を意識した町づくりの結果「瀬戸内市牛窓支所」や「牛窓中学校」「公衆トイレ」など、公共の建築物もアーチ窓にオレンジの屋根瓦や風車を取り入れています。
牛窓中学出身の友人の話によると中学校ができたばかりの頃は、ホテルと間違えてやって来る観光客もいたと苦笑していました。

5.JPG
牛窓港に目を移せば「牛窓一文字防波堤」が一直線に内海と港を二分しています。
ここは江戸の昔、津田永忠によって完成した防波堤で「朝鮮通信使」も立ち寄る重要な港でした。

その奥に見える左端の島は「黒島」その右に「中ノ小島」その右は「端ノ小島」といいます。
この3つの島々の潮が引いたときにだけ「砂州」が姿を現し、3島がつながります。
この砂州を「黒島ヴィーナスロード」といいます。
古くは「天下の奇蹟 砂の浮橋」と呼ばれ牛窓八景のひとつとされていました。

6.JPG
望遠レンズで見たら「浮橋」の名残りが少し残っていました。
1時間前くらいが干潮だったみたいです。
大潮の干潮のときは見事に3つの島がつながるそうです。
7.JPG
牛窓一文字防波堤の奥の島は前島です。
この島も魅力的な島で、CM(サントリー オールフリー)の撮影地になりました。
左下に見える白亜の建物は"ホテルリマーニ"

4.JPG
遠くには兵庫県の家島がおぼろげながらも見えたので感動しました~。

この建物の1階は「暮らしの中にオリーブを」をテーマにして、食用オリーブオイルやオリーブの木、オリーブコスメなど多数のオリーブ製品が販売されています。
そして、2階にはカフェ......ここのカフェもすてきな眺めなのです。


■牛窓オリーブショップ
・住所: 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1
・電話番号: 0869-34-2370(牛窓オリーブショップ)
・URL: http://nippon-olive.info/
・営業時間: オリーブショップ 9:00~17:00
・定休日: なし
・料金: 無料
・駐車場: 普通車85台、バス7台
・アクセス:  岡山ブルーライン邑久ICから約15分/JR邑久駅から牛窓行きバス約20分、「オリーブ園入口」下車、徒歩約30分





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 牛窓オリーブ園から瀬戸内の眺望 ~瀬戸内市牛窓~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について