トップ > 日本 > 岡山特派員 > 奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2020年4月 4日

P4040826.JPG
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岡山県内で行われる春祭りが次々と中止となっています。
後楽園、東岸の旭川河川敷に1kmに渡り連なるソメイヨシノは、全国に名だたる桜の名所として知られています。
毎年、桜の時期には「岡山さくらカーニバル」が開催されますが、こちらも中止となりました。

もちろん、祭りが中止になっても桜は立派に開花しています。
今年は暖冬のせいもあり、2020年3月24日に後楽園の標準木が開花しました。

2.JPG
県南の灘崎町奥迫川に樹齢500年ほどの大山桜を見にやって来ました。
今年は例年よりも1週間も早く開花し、今週末まで楽しめそうです。
県南部最大級の桜でエドヒガンとヤマザクラもしくはカスミザクラとの雑種といわれています。
麓から見ても周りの山桜よりもずっと大きいことがわかります。
陀娑(ださ)山の中腹にある桜ですから、近くまで行くには登山靴か滑らないスニーカーの装備で登ってください。
初めて訪れたときは、サンダルを履いていたので、足下が危うく登るのは諦め、麓から眺めて終わったのでした。

P4040823.JPG
登るには急峻な近道コースと緩やかなまわり道コースとあります。今回は近道コースを選びました。
このお稲荷さんのあたりから先は、さらに急勾配になります。

7.JPG
手すりがわりにロープが張られているので、つかまりながら登ると比較的楽です。
でも、下りるときは滑らないように細心の注意が必要です。
もともと道のない急斜面に生えていた一本桜。
この桜を近くで愛でるために地元の方々が登山道を整備し、毎年下草刈りをされているそうです。
地域の人々の尽力が偲ばれます。

5.JPG
15分ほど登ったら見えてきました!
今が満開です。
奥迫川の桜、通称「大山桜」。推定樹齢500年。
野生種のひとつで長寿種として知られるエドヒガンとカスミザクラまたは山桜との交配種といわれ、樹高50m、枝張り27mの堂々とした姿です。
周りの山桜は若いせいか一足先に満開で今は葉桜になり始めています。

6.JPG
株元が8つに分かれていて八岐大蛇のように八方にうねっています。
この迫力が写真で伝わるでしょうか?
すぐ近くに2代目のクローン桜もありました。こちらも若いせいか、見ごろが過ぎてもう散り始めです。

11.JPG
標高150mから眼下を見降ろします。
13km離れたわが家から、この桜は見えるけど、流石にここからわが家は見えません。
その昔このあたりは"吉備の穴海"という遠浅の海で、江戸初期から昭和40年ごろにかけての干拓で広大な農地に生まれ変わりました。
かつては島だったこの陀娑山も今は平野に聳える山となっています。




・開花時期: 3月下旬~4月上旬
・住所: 岡山市南区奥迫川地内
・アクセス: JR迫川駅から徒歩約20分
・駐車場: 約50台





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について