トップ > 日本 > 岡山特派員 > 備前焼の古里、伊部をお散歩 その1 ~備前市伊部~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

備前焼の古里、伊部をお散歩 その1 ~備前市伊部~

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年11月 9日

前回から備前焼の故郷、備前市伊部をご紹介していますが、今回はその町並みをご覧いただきましょう。

赤穂線の伊部駅に降り立ったら、まずは駅ビル内にある備前焼伝統産業会館を目指しましょう。1階はお土産屋で、2階と3階に備前焼が展示されています。
いきなり、駅前に並ぶお目当てのギャラリーに足を踏み入れるのもいいのですが、備前焼伝統産業会館には備前市内のギャラリーや作家さんの作品が一堂に会し、おおよその値段や新人作家さんの作風も確認できます。

KIMG0990~2.JPG
また、お隣の備前焼ミュージアムもおすすめです。古備前から現代作家の作品、さらには人間国宝の方の作品までさまざまな備前焼が展示されています。
ここで千年の歴史がある備前焼の特徴と知識を詰め込んで、見てまわるのも面白いと思います。

KIMG1000.JPG
駅前の交差点を渡ると正面の道路にはギャラリーや窯元が立ち並んでいます。
いんべ駅前公園を過ぎた左側には桃蹊堂さんの登り窯が見えます。備前焼窯元六姓のひとつ、木村家の窯で予約をすれば陶芸体験もできます。

1.JPG
突き当って左右の道路際にもギャラリーが続いています。
備前焼まつりの時は、車がやっとすれ違えるこの道に2日間で約10万人もの人出で賑わうのです。

2.JPG
最近、伊部の町を歩いていると、このような看板をあちこちで見かけます。これは、今年の11月30日から上映される映画「ハルカの陶」の「ロケ地巡りマップ」に掲載された場所です。QRコードをスマートフォンなどで読み取ると、撮影風景の動画が視聴できるわけです。

「ハルカの陶」予告編 →  http://harukano-sue.com/
―備前焼の重要無形文化財保持者や備前焼陶友会による全面協力のもと、本物の窯を使った迫力ある窯焚きの映像を織り交ぜながら備前焼の魅力と、その土地に生きる人々の夢と情熱を描く―。(HPより)

3.JPG
東へ進むと小西陶古の陶古窯の煙突も見えます。
以前、お邪魔したときには二代目陶古さんから直々に備前焼の目利きや作家と職人さんが作る焼き物の違いを教えてていたいたことがあります。

窯元 小西陶古 → http://www.toukogama.com/touko




5.JPG
前回ご紹介した一陽窯を過ぎて、さらに東へ進むと天津神社があります。千年の歴史をもつ由緒ある神社です。

天津神社 → https://www.okayama-jinjacho.or.jp/search/17847/ >

6.JPG
江戸時代に安置されたという備前焼の狛犬。

7.JPG
屋根瓦もしゃちほこもすべて備前焼です。


8.JPG

9.JPG

屋根瓦、狛犬、参道の敷石、参道沿いの塀の陶板にも備前焼で彩られています。

11.JPG
備前焼の十二支も、あちらこちらに佇んでいるので、自分の干支探しに夢中になりますよ。

12.JPG
天津神社でお参りをしたら、拝殿左の脇道をすすみ忌部(いんべ)神社へ向かいます。

今回は長くなるので「その2」に続きますね。










記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 備前焼の古里、伊部をお散歩 その1 ~備前市伊部~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について