トップ > 日本 > 岡山特派員 > 御神体に触れてパワーをもらっちゃお~!「玉比咩神社」 ~玉野市玉~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

御神体に触れてパワーをもらっちゃお~!「玉比咩神社」 ~玉野市玉~

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月18日

1.JPG
王子ヶ岳から宇野港に戻る王子マリンロード430 沿いに玉比咩(たまひめ)神社があります。
万葉集にも読まれるくらい古い神社です。
ここに来た目的は、巨大な御神体のパワーをいただくためです。

2.JPG
まずは、鳥居をくぐりお参りをします。
昔はこのあたりまで入江だったそうで、舟で訪れる人もいたそうですよ。
祭神は豊玉姫命で竜宮城の乙姫様です。

3.JPG
拝殿の横には、神社の御守りの謂われがありました。
「お守り支綱」と言って、新造船が始めて海に進水する時に使われる"支え綱"を使った物らしいです。
なんで、そんなものをお守りにしたのかというと、進水式は人間にたとえると誕生にあたり
支え綱は"へその緒"に見立てられ、安産のお守りとして昔から珍重されていたそうです。
玉野市は造船の街で、現在は三井造船玉野営業所で進水式に使った支え綱を使っているそうです。

P8045190.JPG
末社の臥龍稲荷神社奥宮へ登っていくと海が見え、昔の入江の様子と造船で栄えていることがよくわかります。
今回はメッチャ暑かったので、途中まで.........。

4.JPG
そして、ジャーン!
こちらが御神体の「霊石」です。
この御神体もかつては、波に洗われていたといいますから、舟で来られたのも納得です。
橋を渡り、ペトッと触れてみました。

5.JPG
ある意味、これも絶景ではないでしょうか。
脇に石の由来が書かれています。
ざっくりと解説すると
ある夜、この岩から3つの火の玉が飛び出し、玉比咩神社の背後の山、臥龍稲荷神社奥宮へひとつ
西大寺は「はだか祭り」で有名な西大寺観音院霊場、最後の一つは牛窓へ
そんな聖なる地に火の玉が飛んでいったということから
この御神体が、きわめて神聖なものとして伝承されているみたいです。

さてさて、どんなパワーがいただけたのかな?

住所 〒706-0012 玉野市玉5-1-17

URL http://tamanokankou.com/kankou/tamahime.htm

アクセス 瀬戸中央自動車道児島ICから約35分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 御神体に触れてパワーをもらっちゃお~!「玉比咩神社」 ~玉野市玉~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について