トップ > 日本 > 岡山特派員 > 太宰府天満宮よりも御利益が?吉備真備公園の吉備大臣宮 ~小田郡矢掛町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

太宰府天満宮よりも御利益が?吉備真備公園の吉備大臣宮 ~小田郡矢掛町~

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月11日

1.JPG


矢掛町は古代史の英傑、吉備真備(きびのまきび)にまつわる町で
遺徳を偲んで設けられた「吉備真備公園」という歴史公園があります。
遣唐使として2度唐の都へ渡った印象が強いのか、公園内は在唐中の印象を偲んで中国風の建物や梅の木が植わっています。

吉備真備は1300年程昔の奈良時代の生まれで、吉備の豪族、下道圀勝の子として誕生しました。
ちなみに下道氏は吉備地方を平定した吉備津彦命(きびつひこのみこと)の子孫とも伝えられています。



3.JPG


吉備真備公園の正面には巨大な高さ6.45m.もある銅像があります。
当時、遣唐使に選ばれるということは頭脳明晰なのはもちろん
マナーもわきまえ、イケメンでもあることが条件だったといわれています。
イケメンだった若い頃の像も見てみたいですね。
この公園は真備公の居館址と伝承され、「日本の歴史公園100選」の選定も受けています。


4.JPG


こちらは鳥居が3基連なった吉備大臣宮です。
学問に秀でていた真備公にあやかろうと。受験シーズンには多くの学生が参拝します。
二度も渡唐し、度重なる九州左遷にもめげず、70代にして右大臣に上り詰め
打たれ強く80歳を超えるまで生きた真備は
右大臣の時、九州に左遷され、都を忍んで亡くなってしまった菅原道真よりも御利益があるかもしれない
と密かに思っています。(笑)


2.JPG


梅の木の向こうに見えるのは「館址亭」という中国風の建物ですが、うどん屋さんです。
中国から初めて小麦粉を持ち帰ったのが真備で、それに由来してのうどん屋さんですが常連さんも多く
今や吉備真備の話しは吹っ飛んで町で人気のうどん屋さんです。
ただ、私は何度かここに来ているのに、いつも売り切れで食べたことがないのが残念です。
確実に食べてみたい方は11時の開店に向けて出かけるのがおススメだそうです。


P5038929.JPG


毎年、藤の花が咲き誇る5月5日には、子供たちに町の偉人「吉備真備公」の功績を伝えようと
吉備公祭が開かれています。

広々とした吉備真備公園内には子供神楽や、歌謡ショーなどのステージが設けられ自由に見学ができます。
また、餅まき大会なども行われるので子供たちには大人気の祭りです。

公園内には産湯の井戸というものもありました。
面白いことに、お隣の倉敷市真備町にも真備が生まれた町として、吉備公館址や産湯の井戸があるのです。
こちらも、中々見ごたえがあるので、ご紹介したいと思っていますが
でもね、真備公は母親の地元、大和で生まれたという説が有力なんですって~。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 太宰府天満宮よりも御利益が?吉備真備公園の吉備大臣宮 ~小田郡矢掛町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について