トップ > 日本 > 岡山特派員 > 本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2019年3月 7日

1.JPG


 今月は岡山県小田郡矢掛町をご紹介します。
ガイドブックには宿場町の面影が残り、矢掛本陣と矢掛脇本陣が今も残り、秋には「やかげの宿場まつり大名行列」という祭りが盛大に行われることくらいしか出ていません。
でも、町並みを歩いてみると魅力のある町なんですよ。
写真はやかげ郷土美術館になります。


2.JPG


 やかげ郷土美術館の高さ16㍍の水見やぐらの最上階から見た矢掛の街並みです。
瀟洒な白と黒のコントラストの古い建物の町並みが広がっています。
矢掛町がどこにあるかというと、岡山県の南西部に位置し、町の中央には高梁川の支流のひとつ小田川の清流が流れ、周囲には自然豊かな里山が広がるのどかな町です。


3.JPG


 矢掛町は、旧山陽道沿いにあり大名行列の舞台でもありました。
旧矢掛本陣石井家住宅と旧矢掛脇本陣高草家住宅が残っていることから前記しました「やかげの宿場まつり大名行列」が行われます。
館内にも当時の大名行列を再現した人形がありました。
このような80人以上の人々が絢爛豪華な衣装を着飾り行列をなし、旧山陽道を歩むお祭りです。


4.JPG


 美術館前の遊歩道ですが、訪れた日は偶然にも旧山陽道をコースの一部とした矢掛本陣マラソン全国大会の日でした。普段はそぞろ歩きを楽しむ人々も本陣・脇本陣の前に集中しているのか、コースから外れた遊歩道は閑散としていました。


5.JPG


マラソンが終わった頃、旧山陽道へ行ってみます。
国の重要文化財でもある旧矢掛本陣石井家住宅です。
200年以上本陣職を務めた石井家は庄屋であるとともに造り酒屋でもありました。敷地内には十数棟の建物が建っていて、ほとんど改築されることなく今日に至っている本当に貴重な建物です。


6.JPG


旧矢掛本陣石井家 http://www.town.yakage.lg.jp/honjin/gaiyou.html


7.JPG


 最後の脇本陣を務めた髙草家は、本陣から東に400m の所にあります。
備中南部の建築様式を伝える髙草家は、金融業で財をなし、庭瀬藩の掛屋や小田郡大庄屋を務めた旧家で、「大髙草」と呼ばれました。主屋をはじめ9棟が国の重要文化財に指定されています。中を拝観しようとしたところ残念ながら屋敷の中には上がることができず、土間から眺めるだけとなりました。
 本陣・脇本陣がそれぞれに往時の姿を残し、ともに国の重要文化財の指定を受けているのは全国でも矢掛町だけだそうです。


矢掛町は倉敷市中心部からは車で約35分、岡山市中心部からは車で約1時間ほどです。
山陽自動車道(高速道路)からは最寄の「鴨方IC」からアクセスするのが便利です(約20分)。岡山駅からは井原鉄道に乗り継いで約50分で到着します。倉敷や岡山を観光した後に、矢掛町まで足を延ばしてみてはいかがでしょう?





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について