トップ > 日本 > 岡山特派員 > 臥牛山へハイキング! ~高梁市街地~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

臥牛山へハイキング! ~高梁市街地~

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月13日

1.JPG 石火矢ふるさと村の北側には「おしろやま」の愛称で親しまれる臥牛山があります。
この山には「日本三大山城」のひとつ、備中松山城があるのでハイキングを楽しんでみました。
ちなみに残り二つの山城は美濃岩村城(岐阜県)、大和高取城(奈良県)です。
臥牛山は「大松山」「天神の丸」「小松山」「前山」の四つの峰からなり
南から見た山の姿が、草の上に伏せした老牛の姿に似ていることから
「老牛伏草山」とか「臥牛山」などと呼ばれています。

2.JPG 城見橋公園の駐車場に車を置き「ふいご峠」を目指しアスファルト舗装をされた山道を登ってゆきます。
土日祝日なら、駐車場からふいご峠間をつなぐバスも通っています。
ただ、連休など観光客の多い日は大行列なので歩いた方が早いかもしれません。

3.JPG 約30分でふいご峠に到着。
人が並んでいるのはバスを待っている人たちです。
バスなら5分で到着します。
平日はこの峠にも車を置くことができますよ。

4.JPG 臥牛山の地図です。
ここから小松山城めざして登ります。
「備中松山城」というのは小松山城を中心にした近世城郭を指すようで
城はありませんが大松山には、大松山城の遺構も残っています。

5.JPG ここからは地道になり、登山気分が出てきます。
平成の修理後にも登りましたが、その時よりも多くの人で賑わっていました。

6.JPG
駐車場のある城見橋を見降ろしました。
連休のせいか、満車で路上にまで車を停めています。
ほとんどの車が関西や広島ナンバーで「ここは本当に岡山?」 という感じでした。 Σ(・・ノ)ノ!

7.JPG
山道を15分も登ると立派な石垣が見えてきます。
上太鼓丸跡です。

8.JPG 石垣の上に登ると備中の小京都、高梁市内が見降ろせます。
美しい山々に囲まれた盆地の中心部を、清流・高梁川がゆっくりと流れていますね。
ここに櫓が残っていれば、麓の城下町からもお城が見えて風情があるんだけどなぁ...。

9.JPG 石段を登り続けると威風堂々とした大手門跡が見えてきました。

10.JPG
大手門跡を入ると後ろには、そそり立つ巨岩と石垣が威圧的で圧巻です。
備中松山城の魅力は、この天然の岩盤を至る所で利用し、人工の構造物を建設しているところでしょう。
ここは、大河ドラマ「真田丸」のオープニングにも使われていたので
ご記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

PA100258.JPG 厩曲輪など風雪に耐えた土塀の一部は、国指定重要文化財です。

12.JPG やっと二の丸跡に到着。
写真を撮りながらチンタラ登ってきたので、ふいご峠からここまで
40分もかかっていました。
普通に登ると20分で着くようです。 ((+_+))

13.JPG この辺りまで来たら天守を拝むことができます。
現存12天守の中で最も高い場所(480m)にあるといいます。
一層目の唐破風の出窓が印象的ですね。
 
お城を散策する前に、ここ二の丸跡でお弁当を広げます。
登ってきた後のお弁当は最高~!

今の季節から4月頃までの早朝は雲海が見えることもありますよ。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 臥牛山へハイキング! ~高梁市街地~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について