トップ > 日本 > 岡山特派員 > 刀匠の技「古式鍛錬」の見学 ~瀬戸内市長船町~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

刀匠の技「古式鍛錬」の見学 ~瀬戸内市長船町~

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年10月17日

4.JPG


前回は「備前おさふね刀剣の里」の中にある博物館をご紹介しましたが
博物館だけではなく、実際に刀剣を制作する鍛刀場や柄巻き、鞘の塗り、刀身彫りなどの
職人さんが作業する刀剣工房もあります。

写真の場所は日本刀の刀身を作る「刀匠(とうしょう)」がお仕事される場です。
美術刀剣類の製作承認された刀匠が、作刀されています。
HPによると毎日見学されると一振りの刀が出来るまでを見られるそうですよ。


8.JPG


今日は玉鋼を打ち延ばす古式鍛錬を見学させていただきました。
1時間前に到着して、前列の一番よく見える場所で始まるのを待ちます。


P6109883.JPG


今日の刀匠は川島一城さんです。
日本刀の説明をして下さったあと神棚に向かい一礼し「積み沸かし」から始まります。
神棚には島根県の金屋子神社のお札がありました。


13.JPG


日本刀の材料となる玉鋼を見せていただきました。
軽石のように気泡だらけなのに、お腹にまでずっしりとくる重さです。


P6109885.JPG


玉鋼から積み沸かす方法だけでなく
和釘やカスガイなど古い日本建築を解体した時に出てくる鉄を溶かして使う方法も教えてくださいました。


P6109905.JPG


鞴(ふいご)で素早く風を送り、木炭をくべ、炎の色を見ながら800度に温度を上げます。


P6109906.JPG


ここから「折り返し鍛錬」に入ります。
刀匠だけでは出来ない作業なので、二人の「向こう鎚」とともに作業を行います。玉鋼は1300度の高温になっています。炎の色で温度がわかるそうです。


P6109907.JPG


最初の一打!
パーン!
 という建物中に響く鋭い爆発音とともに
美しい火花が足元まで飛んできました!迫力があります。


P6109912.JPG


向こう鎚は刀匠の合図に合わせて叩いていきます。
この合図に従って打つことを「相槌(あいづち)を打つ」といい
「相槌を打つ」という言葉はここからきているそうです。


P6109916.JPG


打ち終えたところです。


P6109917.JPG


たがねを入れて折り返します。


P6109921.JPG


ピントがボケていましたが、この作業を10回ほど繰り返して下鍛えが終了するそうです。


11.JPG


錆が浮いていますが何度もこの作業を繰り返し伸ばしていくと
だんだんと、日本刀らしくなっていきます。


「備前おさふね刀剣の里」には、他にも備前刀復興の祖といわれる
今泉俊光刀匠の偉業を伝える今泉俊光刀匠記念館
毎月第1、第3土曜日には「工芸製作講座(小刀製作講座)」を
また、毎月1回の日曜日には「日本刀手入れ講習会」を開講する研修館もあります。
もちろん、お土産も売っていますよ。ふれあい物産館では刀剣、小刀、手入れ用品、包丁などを中心にオリジナルグッズなどもあります。
手入れ用品の御刀油、下げ緒、切羽などがありました。


7.JPG


ちなみに、私は刀匠の川島一城さんに作って貰った包丁を愛用しています。銘も入れてもらいました。
重さもちょうどよく、手にもなじみ、切れ味も抜群です。


ご紹介した古式鍛錬やイベントについての詳しいことは、下記のHPをご覧ください。
http://www.city.setouchi.lg.jp/token/tenji/index.html


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 刀匠の技「古式鍛錬」の見学 ~瀬戸内市長船町~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について