トップ > 日本 > 岡山特派員 > 廃線跡を歩く「風の道」 ~倉敷市児島~

日本国内日本国内/岡山特派員ブログ

廃線跡を歩く「風の道」 ~倉敷市児島~

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月11日

1.JPG


先月から、倉敷市児島をご案内していますが
これからの新緑の季節に、おすすめのスポットを紹介します。
その名も「風の道」「旧下津井電鉄」児島駅を起点とする 軌道敷跡地を利用したウォーキングコースです。

2.JPG


この地図のように終点の下津井駅まで、6.3㌔あります。
見所も沢山あり、春先から梅雨に入るまでは爽やかな瀬戸内のお天気が続き
ウォーキングには最適な季節です。
それでは、ご一緒に「風の道」をWebウォーキングで楽しんでみましょう!

13.05.06-014 架線柱。IMG_8702.JPG


廃線跡には架線柱が立ち並んでいます。
かつては家と家の間を縫うように電車が走っていたのでしょう。
フォトジェニックな空間です。

家々の前には、野の草花や丹精込めたお花が
いっぱい咲いていて花々の饗宴も楽しめます。

13.05.06-024 ここは、ショートカットをした。IMG_8712.JPG


ここは車が通れないのでサイクリングにもうってつけです。

6.JPG


1㌔ほど歩いたら、もう次の駅に着きました~。備前赤崎駅です。

sakura.JPG


しばらく歩くと桜並木のトンネルです。
お花見の提灯もついていますが、ちょっと遅かったみたいですね。
でも、桜の花びらが敷き詰められた「風の道」も風情があります。

13.05.06-033 ホーム跡。IMG_8721.JPG


桜並木の先からは、山が近くなり、坂道になりはじめます。
でも、電車道だからゆるゆると登っていきます。

8.JPG


山の緑が途切れたと思ったとたん海です!
ここにも駅の跡があります。琴海駅です。

9.JPG


近くの競艇場ではレースをやっています。
風の道からはレースの様子が良く見えます。

かつては、ここからレース場へ降りて行くことができたようです。
今でも、レースのある日はバスや車が殺到しています。
この駅も在りし日は、さぞかし賑やかだったことでしょう。

10.JPG


子ども達も自転車でスイスイ登っていけるほどのゆる~い坂道です。
あ!高速道路の高架が見えてきましたね!
瀬戸大橋ももうすぐですよ。

11.JPG


いちばん標高の高い鷲羽山駅に到着です!
ここから「風の道」をはずれ、鷲羽山の展望台へ瀬戸内海の多島美を眺めに行くこともできます。

13.05.06-047 下津井瀬戸大橋。IMG_8735.JPG


まあ、ここからの眺めもじゅうぶん良いですよね。(*^-^*)

12.JPG


ナノゲージ(軌道間762㍉)といわれる軌道敷きの跡が残っていました。狭いです!

ここから5分ほど歩くと「下津井城跡」の看板がありました。
その辺りから500㍍程のところに城跡があるようです。

ちょっとだけ、寄り道をしてみましょうね。

5.JPG


ちょっと小高い丘が城山で、そこからの眺めです。
やはり、桜の見頃は過ぎていましたが港が見降ろせ
眼下に春の海が広がっています。良い眺めです。

1.JPG


今度は城山から「風の道」を望みます。
あちらこちらに山桜が咲きここからの眺めも最高です!

さてと、「風の道」にもどりましょうか。

13.05.06-059 古い石積みが残っている。IMG_8747.JPG


徐々に下りながら、緑のトンネルを次から次へとぬけます。
2㌔ほど歩くと、再び民家が立ち並び始め、最後のトンネルをくぐると

17.JPG


下津井駅に到着~!
おつかれさまでした。

7.JPG


帰りは、下津井の港から祇園神社のふもとの海沿いの道を歩き
下津井回船問屋から旧道に入り「鷲羽山駅」を目指して
「風の道」に出たら来た時の逆に歩き、児島駅に向かってもいいし
下津井港からバスに揺られてJR児島駅へ向かうのもいいでしょう。

いかがでしたか?
ウォーキングやサイクリング好きな人には 距離もお手軽なコースです。
岡山県下には片上鉄道や臨港鉄道、西大寺鉄道など廃線跡地が
ウォーキングやサイクリング道として整備され
車の心配がなく楽しめる場所がいくつもあります。




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mami

日本国内・岡山特派員のmamiが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/岡山特派員
名前:mami

mami

岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

岡山特派員トップにもどる


岡山県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

岡山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 岡山特派員 > 廃線跡を歩く「風の道」 ~倉敷市児島~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について