トップ > 日本 > 大分特派員 > 別府市「東山いこいの森」由布岳を眺めながらプチ登山

日本国内日本国内/大分特派員ブログ

別府市「東山いこいの森」由布岳を眺めながらプチ登山

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2019年5月31日

少し前のことになりますが、家族全員で登山を行いましたので、その様子をご紹介します。



向かった先は、大分県の由布市と別府市の境界付近にある名峰「由布岳」



・・・の、隣にある「東山いこいの森」です。
(厳密に言うと、登山ではなくハイキングのレベルです)



由布岳は、山頂からの眺めも良く、登山者にとても人気のある名峰です。登りやすい登山道の為、初心者はもちろん、小学生を見かけることもありますが、我が家の長女はまだ5歳、次女は0歳で、由布岳デビューは流石に時期が早いと考えています。



3-1.JPG



しかし、東山いこいの森の登山道は、幅も広くて整備されており、小さな子どもも安心して登ることができます。由布岳正面登山口にあるトイレの横がスタート地点となっており、案内看板も設置されています。登山道は幾つか枝分かれしていますが、今回はメインの登山道を真っすぐ進み、上の方にある広場を目指しました。



3-2.JPG



基本的に広い道に沿ってただ登るだけで到着します。道中は、松ぼっくりを拾いながら子どものペースに合わせて登りましたが、約60分で広場へ到着しました。



ちなみに次女は、専用のザックで私が背負って登りました。背中からは、鼻歌の様な声が聞こえており、ご機嫌であることが背中から伝わってきましたが、途中から気持ちよさそうに眠ってしまいました。



3-3.JPG



由布岳正面登山口に降り立った登山者は、当然ですがそのほとんどの方が由布岳に登ります。よって今回私たちが登った東山いこいの森では、全く人とすれ違うことなく、まさに独占状態で静かな時間を過ごすことができました。



3-4.JPG



また由布岳を眺める場所としても最適です。登山口から眺めるよりも、由布岳の高さを感じることができ、その姿に惚れ惚れしてしまいます。



3-5.JPG



本来であれば、この広場でお弁当を食べて、ゆっくり過ごす予定でしたが、当日は想像していた以上に気温が低かった為、小休止をとった後に下山しました。



3-6.JPG



大量の松ぼっくりは、自宅に戻り数えると100個を超えていたそうです。流石に家では、全て使用しきれませんので、長女が通うこども園に持っていき、実験や色塗り等に使用されました。



05B9EB6B-1DF7-4F79-820F-DEC8BEF3D0EE.jpeg



そして、今回の経験を踏まえて、次は別府で行われる大登山大会に参加するのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 和伸

日本国内・大分特派員の小野 和伸が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/大分特派員
名前:小野 和伸

小野 和伸

大分県大分市在住、登山が大好きな温泉ソムリエマスター「小野 和伸」と申します。週末は必ず温泉に浸かっており、大分県内の様々な温泉にランダムで出没します。温泉ソムリエをはじめ、温泉マイスター、温泉観光実践士などの資格も取得し、私なりの温泉道を突き進んでいます。大分県の温泉に特化した温泉ブログ「下山後の温泉」も更新中。

大分特派員トップにもどる

その他の大分県の特派員

大分県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

大分特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 大分特派員 > 別府市「東山いこいの森」由布岳を眺めながらプチ登山

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について