トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原の森から食卓へ 太鼓と器KIMURANOKI

日本国内日本国内/小笠原特派員ブログ

小笠原の森から食卓へ 太鼓と器KIMURANOKI

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2020年10月25日

026.jpg

もうすぐ11月になりますが小笠原は日差しが出れば夏のように暑く半袖、短パン、サンダルで過ごせています。ただ8月に比べると朝夕は涼しく日中も過ごしやすい日が増えてきたり、日没が早くなっていたりと夏の終わりも感じています。


今日は小笠原の植物を利用して太鼓や器の制作をされている「太鼓と器KIMURANOKI」を紹介します。

tamana2.jpg



木工品は使用する木材の乾燥に時間がかかり、作品になるまでに長い時間が必要なイメージですが、こちらの工房では"グリーンウッドターニング"という手法で制作をされていて食器なら約1ヵ月ほどで完成します。


グリーンウッドターニング、丸太~完成まで(食器編)を紹介......生木を製材する20190223214422.jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI


20190223214956.jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI



大型の機械で形を削りだす

20190223220604 (1).jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI



形になったら乾燥させる(約1ヵ月)

PA010007.jpg



乾燥後に形を整え、小笠原産ミツロウでコーティングしてできあがり!

20190223222018.jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI


形にしてから乾燥させることで比較的短期間で制作が可能になる反面、生木は水分が多く含まれるため、乾燥途中で割れてしまうリスクもあり、難しいのだとか。


ただ、そこをクリアできると乾燥による変形・ゆらぎが生まれ、それがデザインとなり味わいとなり、一つひとつ個性を持った作品が生まれるそうです。



いくつか見せていただきましたが木目の違いもあって、どれも世界にひとつだけの器という印象でした。

PA010021.jpg



こちらの器は島で「タマナ」と呼ばれるテリハボクの木です。明るい赤みの木目で美しいですね。

tamana.jpg


海岸や道路沿いに大木があり、愛着をもつ島民も多い木のひとつです

PA080006.jpg



こちらは「イチビ」と呼ばれる小笠原固有植物テリハハマボウの木

ichibi.jpg


かわいい花を咲かせる木で育つ場所によって幅広い個性がありますが、森のなかで育つと大きく育ちます。

P9160030.jpg



台風が来ると倒れることの多い外来植物リュウキュウマツ

PA080019.jpg


味わいのあるランプシェードになっていました

kimuranoki-ryukyumatu (1).jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI


独特な模様は自然が織りなすものでスポルテッドと呼ばれるそうです

kimuranoki-ryukyumatu (2).jpg

画像提供:太鼓と器KIMURANOKI



ジャンベというアフリカの太鼓の修理や制作もされています

PA010017.jpg


オリジナルロゴマークが入った小笠原産のジャンベ。かなり貴重!

PA010005.jpg



器はアツアツのスープは避けた方がよいけれど、なじんできたら炒め物を盛ったりしても大丈夫だそうです。洗ったあとにすぐに水気を拭くなど、ほんの少しだけ手をかけてあげる必要がありますが、皮製品と同様に使っていくうちに風合いが増して、愛着の湧く自分だけの一枚になっていきそうですね。


2020年10月現在ではオンラインショップのみの販売となっていて毎月1日に新作が掲載されます。

次回は2020年11月1日21時に新作掲載予定なので興味のある方はお見逃しなく!

太鼓と器KIMURANOKI公式ウェブサイト


工房でのインタビュー動画もよかったらご覧ください。


Instagramでも小笠原の日々を更新中!


小笠原諸島の海・森・星を満喫 たびんちゅ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

村上義弘(よっしー)

日本国内・小笠原特派員の村上義弘(よっしー)が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/小笠原特派員
名前:村上義弘(よっしー)

村上義弘(よっしー)

20代に世界を放浪し、2001年から小笠原諸島に移り住む。父島で海と山と星空のガイド「たびんちゅ」を営みつつ、小笠原の大自然から教わったヨガを伝える。一年のうち2ヶ月は旅するという根っからの旅人。たびんちゅHP DISQUS ID @ogs_ysi

小笠原特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員

東京に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

小笠原特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原の森から食卓へ 太鼓と器KIMURANOKI

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について