トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原諸島の景勝地「南島」の上陸禁止期間について

日本国内日本国内/小笠原特派員ブログ

小笠原諸島の景勝地「南島」の上陸禁止期間について

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年11月 7日

小笠原諸島・父島の南西に浮かぶ小さな島「南島」は

美しい景観で知られた人気のスポットです。PB030044.jpg


毎年多くの観光客が上陸をしますが、植生回復を目的として年に一度、

上陸禁止期間が設けられています。

今シーズンは2019年11月11日~2020年2月7日迄です。

(但し、2019年12月22日~2020年1月4日を除く)

人気の景勝地「南島」と上陸禁止についてご紹介します。


南島は大きさが南北約1.5km、東西約400mほどの小さな無人島です。

その中央部にある扇池は真っ白な砂浜に岩のアーチ

青い海と空、ここでしか見られない美しい景観が人気です。

扇池_180916.jpg

画像提供:東京都


011.jpg

画像提供:Masuo photo


masuophoto (43).jpg

画像提供:Masuophoto



南島は景観が美しいというだけではなく、海鳥やウミガメ・昆虫などにとっては

貴重な営巣地・生息地にもなっています。

ウミガメの産卵シーズンには砂浜に足跡が残っていたり

masuophoto (2).jpg

画像提供:Masuophoto


半化石のヒロベソカタマイマイなども見られます。

masuophoto (3).jpg

画像提供:Masuophoto




とても小さく美しく、野生生物にも貴重な南島ですが

以前はダメージを受けている場所も多くありました。

こちらは2001年の風景です。

鮫池_H13.5.jpg

画像提供:東京都


野生化したヤギによる食害や、上陸した人による踏圧等が影響し

赤土がむきだしになってしまった風景です。




その後、東京都による植生回復事業や、都と村で南島の適正利用のための

ルール作り等が行われた結果、徐々に植生が回復し、赤土だった場所にも緑が定着しました。

2008年の同じ場所の様子です。

鮫池_H20.6.jpg

画像提供:東京都


さらに、2012年の写真では小笠原固有植物のタコノキが育っていて、

南島本来の姿へ少しずつ戻っている様子が感じられます。

鮫池_H24.11.jpg

画像提供:東京都




南島を適正に利用するためのルールです。

・東京都自然ガイドの同行が必要ガイド一名につき引率人数は15名まで

・定められた観察路・エリアを利用する

・上陸可能人数は一日100名一回の滞在時間は2時間まで



南島への上陸はシーカヤックでも可能ですが、多くの場合はボートツアーを利用します。

上陸ポイントは①鮫池か②扇池のどちらかです。

masuophoto (5).jpg

画像提供:Masuophoto



①鮫池からは島にボートを接岸して急な岩肌を登り降りします。

masuophoto (7).jpg

masuophoto (22).jpg

masuophoto (25).jpg

画像提供:Masuophoto

非常に足場が悪いため歩行に不安があり介助が必要だと上陸が難しいです。



上陸後はガイドの引率で定められた観察路を扇池まで歩きます。masuophoto (30).jpg

masuophoto (27).jpg

画像提供:Masuophoto



決められた観察路を利用することで踏圧による裸地化を防ぐことになり、

南島内の海鳥営巣地が拡大する効果も出ています。

masuophoto (13).jpg

画像提供:Masuophoto




②扇池から上陸する場合はスノーケリングで泳いでアーチをくぐります。

masuophoto (6).jpg

画像提供:Masuophoto

①②いずれの方法も海が荒れると危険なため上陸できない場合もあります。



そして例年、11月~2月に3ヵ月間の上陸禁止期間を設けています。

鮫池から扇池まで移動する観察路には植生への影響を最小限に抑えるための

転石が設置してありますが、繁忙期等で利用者が多くなるとどうしても

観察路周辺の植生がダメージを受けます。

繁忙期_H29.07.jpg

画像提供:東京都

この観察路周辺の植生回復を目的として上陸禁止期間が設けられています。



入島禁止明けには土が見えていた場所に植物が戻っています。

入島禁止期間後_H30.02.jpg

画像提供:東京都


今シーズンは2019年11月11日~2020年2月7日迄が上陸禁止となります。

(但し、2019年12月22日~2020年1月4日を除く)


ここまで上陸禁止と書いてきましたが、正確にいうと鮫池から扇池までの観察路の利用禁止期間のため

期間内でも扇池へ直接泳いで上陸することは可能です。

011.jpg

「泳いで上陸」に対応しているかどうかはボートツアー開催業者によります。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

村上義弘(よっしー)

日本国内・小笠原特派員の村上義弘(よっしー)が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/小笠原特派員
名前:村上義弘(よっしー)

村上義弘(よっしー)

20代に世界を放浪し、2001年から小笠原諸島に移り住む。父島で海と山と星空のガイド「たびんちゅ」を営みつつ、小笠原の大自然から教わったヨガを伝える。一年のうち2ヶ月は旅するという根っからの旅人。たびんちゅHP DISQUS ID @ogs_ysi

小笠原特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員

東京に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

小笠原特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原諸島の景勝地「南島」の上陸禁止期間について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について