トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原諸島で未来の森作りイベント

日本国内日本国内/小笠原特派員ブログ

小笠原諸島で未来の森作りイベント

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 投稿日:2018年8月25日

小笠原諸島を訪れる観光客の方は陸・海・夜の様々なアクティビティを通して

小笠原の自然に触れることができますが、今日は通常のアクティビティとは

ひと味違う "未来の小笠原の森作り" に携われるイベントのご紹介です



小笠原諸島は独自の生態系が評価され2011年に世界自然遺産に

登録されましたが、かつて農地などで利用されていた場所は

外来植樹に覆われている所も多くあります。


また、人の定住により希少となった固有植物もあり、

その一つに桑の仲間で小笠原諸島にしか分布していない

オガサワラグワ(通称:オガグワ)という木があります。


小笠原諸島日本返還50周年を記念した事業のひとつで

外来種の森だった場所にオガグワを植栽しオガグワの森を作ろう!

というプロジェクトが進行しています。


母島・・・「ハハモリプロジェクト」

父島・・・「オガグワの森プロジェクト」



2018年11月にオガサワラグワの苗を植栽することを目指しています。

P5060011.jpg



前回は5月にオガグワの森の外来種の伐採等が行われました。

P5060009.jpg



参加者は森とは関係のない職種の方も多いです。

P5060007.jpg



そして今回は木や石など自然素材を利用して

オガグワの森に遊歩道を作る道作り体験が行われます。

ogaguwa180908.jpg

9月8日(土)に行われるため島外からお越しの場合は、

9月2日~9月12日と長めの滞在が必要です。


オガグワが大きく育ち、森が完成するのは50年後100年後の未来です。

作業に携わる人たちのほとんどは森の完成を見ることはできませんが

"未来の小笠原の森作り"ってロマンがありますよね。


どなたでも参加できるイベントなので、長期滞在が可能な方は

島の人と一緒に汗を流してみるのはいかがでしょうか。



オガグワの森プロジェクト 夏の地ならし体験

日 に ち 2018年9月8日(土)

時  間 8:30集合 12:00頃解散

集合場所 村役場 駐車場

持 ち 物 軍手、飲み物、作業しやすい服装、靴


申込み・問合せ
小笠原村役場 環境課 04998-2-3111



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

村上義弘(よっしー)

日本国内・小笠原特派員の村上義弘(よっしー)が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/小笠原特派員
名前:村上義弘(よっしー)

村上義弘(よっしー)

20代に世界を放浪し、2001年から小笠原諸島に移り住む。父島で海と山と星空のガイド「たびんちゅ」を営みつつ、小笠原の大自然から教わったヨガを伝える。一年のうち2ヶ月は旅するという根っからの旅人。たびんちゅHP DISQUS ID @ogs_ysi

小笠原特派員トップにもどる

その他の東京都の特派員

東京に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

小笠原特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 小笠原特派員 > 小笠原諸島で未来の森作りイベント

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について