トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ちょっと怖いオデッサのカテコンブツアー

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員ブログ

ちょっと怖いオデッサのカテコンブツアー

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 投稿日:2018年8月31日

オデッサはウクライナの中でも最もカテコンブが多いとのことで有名。カテコンブとは長い洞窟のことで特に戦争中市民の隠れ場、日本でも言う防空壕の様な感覚としても使われた。
今回はフェースブックで見つけた地元の方に洞窟案内を頼みました。まず最初はバスに乗り、約1時間ほど田舎の方に向かいました。その後、村の住宅街に入り、誰かの庭を通り抜けた後洞窟の入り口を発見。案内者から懐中電灯をもらい、案内がスタート。
IMG_5477.JPG
IMG_5476.JPG
洞窟の中は真っ暗で最初は暗さに慣れるのに時間がかかりました。
IMG_5478.JPG
IMG_5482.JPG IMG_5481.JPG
奥に入れば入るほど寒くなり壁の落書きも次第に増えてきました。こちらの洞窟はなんと街の中心部まで繋がっており、約10kmほどの距離。私たちはその中の約2kmほどを案内してもらいました。
ツアーの始まりは昔、戦争中に誰かが済んだ後の気配。部屋を分ける用の壁がしっかり立てられていて根所であったと思われる場所やリビング室。さらに奥に行くとそこの場所で見つかった銃の玉やソ連時代のビールボトルなども発見。
IMG_5492.JPG IMG_5493.JPG
現在は若者たちがよくこちらの洞窟をパーティー場に使ったりキャンピングとして利用しバーベキューまでするそうです。石などを利用してベットを作った後がありました。
ツアーの特に面白かった部分は洞窟の一番奥。そこには牧師さんがソ連軍から隠れていたであろう書物がいくつか残されておりました。
IMG_0901.JPG IMG_0898.JPG
バイブルに書かれた物を書き写し、そこでお祈りをしていたと思われます。ソ連時代はオーソドックスの宗教以外の宗教は禁止されており、特にカソリックの牧師さんはこちらの様な洞窟で隠れてお祈りをしていた説をよく聞きます。
とても面白い経験でしたがガイドさんはこちらの洞窟を趣味でよく拝見している方で特に洞窟の詳しい情報を知っておりませんでした。ただ、英語が通じたため、安心しました。過去と現代でどうこちらの歴史的なカテコンブが使われていたのか、実際に見て地元の人から聞いて体験できたのでとても面白かったです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丸山 まゆみ

ウクライナ・オデッサ特派員の丸山 まゆみが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ウクライナウクライナ/オデッサ特派員
名前:丸山 まゆみ

丸山 まゆみ

アメリカ生まれ育ちの日系人。日本とアメリカを往復しがら育った。7年間報道の業界で就職後日本とアメリカ以外の世界に興味をもち、ウクライナで3月にボランティア活動をし始める。現在、いろいろな都市を回り、テレビ制作や報道を様々な支援団体やウクライナの学生に教えている。新しいレストランや変わった観光スポットを発見するのが趣味。是非、日本のblog読者様に面白い情報をお送りさせていただきたいと思っております! DISQUS ID @disqus_wtkP5grfRV

オデッサ特派員トップにもどる

オデッサを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

オデッサ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > オデッサ特派員 > ちょっと怖いオデッサのカテコンブツアー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について