トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > 深雪スキーの醍醐味を愉しむ

日本国内日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ

深雪スキーの醍醐味を愉しむ

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2018年1月 6日

小寒も過ぎると、一気に寒さも深まり、大寒に向けて、昼間でも氷点下の世界が続きます。ニセコは海外からの投資の対象となり、ますます国際化が進んでいます。スキー場で外国人が90%、日本人が10%位かと思えます。東南アジアからのスキー客はスキーが初体験という人達も多く、スキースクールも外国人のインストラクターが付き、英語での指導が行われています。今シーズン、従来あった初心者用のリフト(二人乗り)が大幅に改修されて、4人乗りになり、更にリフトの長さも大延長されました。日本中の殆どのスキー場が休業・廃止や縮小に追い込まれるなかで、新たにリフトを新設したり、延長したりするところは稀です。それだけニセコのスキー場は海外からの来訪者が多いということを物語っています。


後方羊蹄山を望む.jpg 頂上目指して.jpg 頂上へ+1.JPG 頂上への長い列+3.jpg 後方羊蹄山を望む.jpg


早朝8:30分にリフトのゲートがオープンするのを待ちきれないスキーヤー達が長蛇の列を作ります。他の人より一刻も早く頂上へ到着するためです。リフトを乗り継いで、最後の一人乗りリフトを降りると、今度はスキーと、遭難対策の三種の神器(ビーコン、プルーブそしてスコップ)を背負い、急な雪の斜面を徒歩で登ります。頂上からは、眼前に秀麗な羊蹄山、ニセコ連峰、更に日本海まで360度の展望を愉しむことができます。スキー場外へでの滑走は、ニセコルールに従って、スキー場外への滑走が許可されねばなりません。われ先に、斜度40度以上もある斜面を腰まで埋まりながら、またパウダースノーを雪煙を上げながら滑り下りる浮遊感は何物にも代えがたい爽快感を満喫する楽しさです。


雪煙をあげて.jpg 山頂からJPG (2).JPG 頂上直下を滑る+3.jpg 北斜面を滑る+3.jpg 頂上への長い列+3.jpg 山頂からJPG (2).JPG ニセコアンヌプリ頂上からの滑走.jpg 6.シーハイル.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

寅さん

日本国内・旧ニセコ・北海道特派員の寅さんが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/旧ニセコ・北海道特派員
名前:寅さん

寅さん

10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

北海道に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > 深雪スキーの醍醐味を愉しむ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について