× 閉じる

トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > ニセコの美味しい野菜と云えば!?

日本国内日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ

ニセコの美味しい野菜と云えば!?

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2017年7月15日

じゃがいも畑と2本のサクランボの木.JPG ニセコ連峰のジャガイモの花.jpg じゃがいも.jpg ジャガイモの花.jpg 月見草とジャガイモの花.jpg ジャガイモ畑.jpg ジャガイモの花 (2).jpg ジャガイモの目覚め.jpg ジャガイモ畑の夜明け.jpg ジャガイモの花 (5).jpg ジャガイモ.jpg


 羊蹄山麓の畑には、白、紫やピンクなど色とりどりの畑が広がっています。そうです。これらはジャガイモの花です。この時期の代表的な風物詩の一つです。用途によって、男爵、メークイン、キタアカリ、トウヤやインカの目覚めなど、約20種類のジャガイモが栽培されているようです。中でも、男爵はニセコ地区を代表するジャガイモです。


明治初期、函館の川田男爵がイギリスから輸入し、試作したことから、男爵と名前が付けられたようです。ジャガイモの原産地は、遠く南米のインカだと云われ、16世紀スペイン人によって、ヨーロッパに広められたのですが、当初は食べ方が不明で、よく食中毒などを起こしたため、鑑賞用だったようです。しかし、ドイツ人が改良して食用として、世界中に広まったようです。世界に2,000種類もあるそうです。


ジャガイモの名前は、慶長年間にオランダ人がジャワを経由して長崎に持ち込み、ジャガタラ芋と呼ばれたことに起因しているも言われています。芋との大きな違いは、ジャガイモは地下の茎の部分ですが、さつま芋などは地下の根の部分とのことです。長崎などでは、春と秋の二期作ですが、北海道は秋だけです。従って、北海道の農家の人達は、長崎などでの出来具合や価格など、常に注視されています。
 

ジャガイモ料理の代表的なものは、肉じゃがです。小生の好物のジャガイモ料理は、薪ストーブの灰の中にアルミ箔に包んで焼いたものに、ナイフで二つに割り、融かしたバターを塗り、更に、塩辛やキムチなどを添えて食べるのが絶品です。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

寅さん

日本国内・ニセコ・北海道特派員の寅さんが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/ニセコ・北海道特派員
名前:寅さん

寅さん

10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

北海道に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニセコ・北海道特派員トップにもどる

トップ > 日本 > ニセコ・北海道特派員 > ニセコの美味しい野菜と云えば!?