トップ > ヨーロッパ > キプロス > ニコシア特派員 > 3つの大陸交易地、キプロスの首都ニコシアからヘレテ!

キプロスキプロス/ニコシア特派員ブログ

3つの大陸交易地、キプロスの首都ニコシアからヘレテ!

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年3月30日

はじめまして! ヘレテ(こんにちは)!
このたび「地球の歩き方」キプロス/ニコシア特派員ブログを担当することになりましたイェラリ彩夏です。
昨夏にニコシアに移住し、日々新たな魅力を発見しているところです。
これから現地のおすすめスポットや、旅行に役立つ情報をお届けしていきますのでよろしくお願いします!


さて、まずキプロスと言っても、日本での知名度はあまり高くないと思います。
キプロス共和国は、トルコとエジプトの間、東地中海に浮かぶキプロス島にあります。
島の大きさは東京都の4倍以上(9,250 km2)で、地中海の中で3番目に大きい島です。
海岸線、浜辺、山、先史時代の遺跡群や世界遺産から、整備されたリゾート、
ヨーロッパ随一のクラブスポットと、島のすみずみまで見所の溢れるところです。


1-1.jpg


1-2.jpg


1-10.jpg


1-3.jpg


1-4.jpg


わたしの担当都市は、首都のニコシア。


1-5.jpg


1-9.jpg


ニコシアは内陸にあるのでビーチはありません。
決して大きくない街ですが、ここには様々な社会的、政治的な問題が存在しています。
ニコシアという地域は、キプロス共和国だけでなくトルコ軍実行支配地域と停戦ラインが同居する、
世界的にみても不思議な場所です。

「トルコ軍実行支配地域」とは、キプロス島の北側に存在していて、
「北キプロス・トルコ共和国」という名称で呼ばれることもあります。
国際的にはトルコのみから国家承認を受けている地域です。

「停戦ライン」とは、グリーンラインと呼ばれる緩衝地帯で、
南北の分断ライン上に、島の東から西まで設置されています。


1-6.jpg


一般道から見上げると、「北キプロス・トルコ共和国」としての旗が見えます。
金網が張り巡らされ、どこからでも自由に出入りできるわけではありません。


1-7.jpg


人々がレストランで盛り上がる目抜き通りの先に、北側地域への入境ゲートがあります。

ちょっと複雑そうに聞こえる状況ですが、たまに国連軍の車を見かければハッとするほど、
日常生活は平和そのもの。道を歩いていると停戦ラインに突き当たったりしますが、
住民にとっては日常的な風景になりつつあると感じます。北側地域との行き来もさかんです。


また、キプロスは出稼ぎ労働者や移民者数も多く全体的に多国籍な雰囲気がありますが、
ニコシアは現地キプロス人との絶妙なバランスが保たれ「キプロスらしさ」がいちばん残る地域といえると思います。


1-8.jpg


これから、そんなニコシアをはじめ、旅行に役立つキプロスの現地情報をご紹介していきます。どうぞお楽しみに!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

イェラリ彩夏

キプロス・ニコシア特派員のイェラリ彩夏が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

キプロスキプロス/ニコシア特派員
名前:イェラリ彩夏

イェラリ彩夏

ライター/日本語教師
北欧・東欧・中国を経てキプロス共和国へ。趣味は民芸品の手習いとフォークダンス。世界文化遺産のキプロス・レフカラレースにも興味シンシン。 日本の方にとってキプロスがもっと身近な場所になるよう、情報サイト「キプロスのたのしみ方」などでも情報発信している。また、現地コーディネーターとしても活動中。 DISQUS ID @disqus_IDcd7kj9mZ

ニコシア特派員トップにもどる

ニコシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニコシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > キプロス > ニコシア特派員 > 3つの大陸交易地、キプロスの首都ニコシアからヘレテ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について