トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYCでクラスター発生、リスク別で「レッド」「オレンジ」「イエロー」地域に設定

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

NYCでクラスター発生、リスク別で「レッド」「オレンジ」「イエロー」地域に設定

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年10月11日

NYCでクラスター発生


ニューヨーク市では、2020年9月末に学校や店内飲食が再開して間もないですが、すでにクラスターが起きています(涙)。


2020年10月5日クオモNY州知事によると、ニューヨーク市ブルックリン区とクイーンズ区で陽性率が上昇しているとのこと。Zip Code(郵便番号)により、9つのエリアを特定しています。


ホットスポットとされたNY市内9つのエリア(郵便番号)


●Edgemere/Far Rockaway (11691), クイーンズ区 エッジメア/ファーロッカウェイ
●Borough Park (11219), ブルックリン区 ボローパーク
●Gravesend/Homecrest (11223), ブルックリン区 グレーブセンド/ホームクレスト
●Midwood (11230), ブルックリン区 ミッドウッド
●Bensonhurst/Mapleton (11204), ブルックリン区 ベンソンハースト/メープルトン
●Flatlands/Midwood (11210), ブルックリン区 フラットランド/ミッドウッド
●Gerritsen Beach/Homecrest/Sheepshead Bay (11229), ブルックリン区 ガリットソンビーチ/ホームクレスト/シープスヘッドベイ
●Kew Gardens (11415), クイーンズ区 キューガーデンズ
●Kew Gardens Hills/Pomonok (11367) クイーンズ区 キューガーデンズ/ポモノク


陽性率が上昇しているのは、ブルックリンとクイーンズのおもに正統派ユダヤ教徒が多く住むエリア。数世代が同居し、シナゴーク(ユダヤ教の礼拝堂)に集まるにもかかわらず、マスク着用率が低いと言われています。
ただし、正統派ユダヤ教徒は信仰を理由に、市当局からレッテルを貼られていると感じており、感染対策に努めているコミュニティもあると抗議のデモが行われました。


■参照記事
在ニューヨーク日本国総領事館 新型コロナウイルス関連情報 2020年10月5日
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/files/100100477.pdf
コロナ再拡大の米NY、当局の「レッテル貼り」非難する正統派ユダヤ教徒ら - AFP News 2020年10月9日
https://www.afpbb.com/articles/-/3307870?pid=22693541


リスク別で「レッド」「オレンジ」「イエロー」地域に設定


Queens_upper_map_updated_colors.jpg


クイーンズ区のクラスター地域 (C)NYGov


2020年10月7日クオモNY州知事は、NY市などで発生しているクラスターを特定し感染率に応じたゾーンを設定、学校閉鎖などの規制措置を執ることを発表。新たな規制措置は10月8日(木)から実施。


「レッド(クラスターの中心地)」「オレンジ(警戒地域)」「イエロー(要注意地域)」とリスク別に色分け
リンク先から、住所の詳細を確認できます。


ブルックリン区 -Brooklyn (One Area, Red, Orange and Yellow)
https://www.governor.ny.gov/sites/governor.ny.gov/files/atoms/files/Brooklyn_large_map.pdf


クイーンズ区 -Queens (Two Areas, Red, Orange and Yellow)
https://www.governor.ny.gov/sites/governor.ny.gov/files/atoms/files/Queens_upper_map_updated_colors.pdf
https://www.governor.ny.gov/sites/governor.ny.gov/files/atoms/files/Queens_FarRockaway_map_updated_colors.pdf


住所を入力することでクラスター・ゾーンの中に入っているかを確認可能


住所を入力することで、クラスターのゾーンの中に入っているか確認できます。


●ゾーン確認サイト:https://covidhotspotlookup.health.ny.gov/#/home%E2%80%8B
●ゾーンや規制に関するウェブサイト:https://forward.ny.gov/


クラスターの各ゾーンによる規制措置とは


IMG_5451.jpg


Photo by Sara Aoyama


各ゾーンの規制措置は下記のとおりで、少なくとも14日間は行われる予定。


・レッドゾーン(クラスターの中心地)における規制措置
- 多人数での集会:禁止
- ビジネス:必要不可欠な業種のみ営業可能
- 飲食店:持ち帰りのみ可能
- 学校:対面授業の禁止・遠隔授業のみ実施
- 礼拝所の利用:最大収容人数の25%以内の利用または最大10人までの利用


・オレンジゾーン(警戒地域)における規制措置
- 多人数での集会:屋外・屋内かかわらず最大10人まで
- ビジネス:リスクが高く、必要不可欠でない業種(ジムなど)は閉鎖
- 飲食店:屋外営業(4名/テーブルまでの利用)と持ち帰りのみ可能
- 学校:対面授業の禁止・遠隔授業のみ実施
- 礼拝所の利用:最大収容人数の33%以内の利用または最大25人までの利用


・イエローゾーン(要注意地域)における規制措置
- 多人数での集会:屋外・屋内かかわらず最大25人まで
- ビジネス:すべての業種で営業可能
- 飲食店:屋外・屋内営業(4名/テーブルまでの利用)と持ち帰りが可能
- 学校:生徒・職員に対する毎週の検査を実施した上で対面授業が可能
- 礼拝所の利用:最大収容人数の50%以内の利用


ちなみにウチはイエローゾーン(泣)。これ以上感染率が上昇しないように願います。


■参照記事

Governor Cuomo Announces New Cluster Action Initiative - NYS Gov 2020年10月6日
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-announces-new-cluster-action-initiative


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員の青山 沙羅 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員
名前:青山 沙羅 さん

青山 沙羅 さん

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

ニューヨーク3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYCでクラスター発生、リスク別で「レッド」「オレンジ」「イエロー」地域に設定

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について