トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > 【コロナ禍で再開した店】愛しのエンパナーダ NYCクイーンズ区 ご近所の異国グルメ

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

【コロナ禍で再開した店】愛しのエンパナーダ NYCクイーンズ区 ご近所の異国グルメ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年8月20日

ニューヨークシティ クイーンズ区は各国が集まる


ニューヨークシティは人種のるつぼといわれますが、その中でも特に民族的な多様性が高いのが、私の住むクイーンズ区です。住民の約半数は移民であり、エリアによって民族的な片寄りがあります。私の住むエリアでは、メキシコやコロンビアなどラテン系(スペイン語圏)、中国系、タイ系、インドネシア系、インド系などが多いです。白人は少なく、ロシア人、またなぜかアーミッシュ(ペンシルバニア州に多く住むキリスト教系集団)を見かけることもありますね。中国系とスペイン語圏が二大勢力で、圧倒的多数を占めます。一方、日本人はマイノリティー(少数派)。


いろいろな言語が飛び交い、それぞれの民族のファッションを身にまとい、それぞれの文化があります。クイーンズ区は、食いしん坊にとって、各国のグルメが食べられる、興味深い地域でもあります。


コロナ禍により、アメリカの6割のレストランが閉店した


コロナ禍により休業していたアメリカのレストランの60%が、再開できずに閉店したそうです。2020年8月現在店内飲食が許可されていない(デリバリーあるいは持ち帰り、テラス席などの店外飲食のみ)ニューヨークシティでは、3軒に1軒のレストランが営業を再開できないとも言われています(個人的には、半数以上では?と感じています)。そのなかで、生き残り頑張って再開している店が気になります。現在は不要不急の外出を控える時期でもあり、徒歩圏内などで行けるご近所の異国グルメを、ときどきアップしたいと思います。


■参照
コロナ期間中に休業のレストラン、6割がそのまま閉店 米イェルプ調査 CNN CO JP


ラテン系の人たちになじみ深いスナック


ニューヨークシティでエンパナーダというと、ラテン系(スペイン語圏)の人たちになじみ深いスナックで、私も初めて食べたのは、ラテン系の人にご馳走してもらったのがきっかけでした。小麦粉やコーンの粉の皮で、牛肉や鶏肉、豆、ジャガイモ、チーズなど各国独自のフィリング(具材)を包んだもので、揚げる場合も焼く場合もあるようです。形は半月型で、片手で食べられるワンハンドスナック。小腹が空いたときのおやつにもいいですし、ワインにも合います。


エンパナーダの専門店 Empanadas Cafe(エンパナーダ カフェ)

IMG_5249.JPG


エンパナーダの専門店が比較的近所にあるのを数年前に知り、そのときからたびたび通っているお気に入りの店"Empanadas Cafe(エンパナーダ カフェ)"。地下鉄など交通のアクセスがいいとは言えないのですが、小さな店はいつも混んでいます。新型コロナウイルス感染の非常事態宣言以降、6月まで店舗は休業。久しぶりに訪れてみると、一枚ガラスだったガラス窓は、店内に入らなくてもいいように、開閉できるガラス窓に変更され、コロナ感染防止仕様になっていました。


コロナ感染防止仕様になった店

IMG_5244.JPG


小さな店の左右のガラス窓は、オーダーはこっち、受け取りはこっちとサインがありますが、実際にはサインと逆で接客していました。一方通行であれば、どっちでもいいのでしょう(苦笑)。2020年8月現在店内飲食が禁止のニューヨークで、店内に入れないよう、ドアはロックがしてあるようでした。以前は、店内で注文し、小さなテーブルが3つほど、小さなカウンター席がありました。


IMG_5242.JPG


コロナ以前に数名働いていた、若いサーバー(ウエイトレス)は見当たらず、オーダーを取り、商品を手渡してくれるのは女性1名でこなしていました。次々と客は途切れませんでしたが、以前と同じとはいかず、店を閉めていた間の損失を考えると、複数名のスタッフを雇う余裕はないのでしょう。接客に1名、キッチンに1名がせいぜいだと思います。


エンパナーダのメニュー

IMG_5247.JPG


Empanadas Cafe(エンパナーダ カフェ)のエンパナーダは、専門店だけあって種類が豊富。外皮は、コーンの粉、小麦粉、全粒粉があります。具材は外皮に合わせたメニューになっており、外皮により中身が異なります。エンパナーダの具材で一般的なものは、ビーフとポテト、チキン、ポーク、チーズなどだと思います。


過去に、外皮を3種類とも食べてみましたが、個人的には、小麦粉が好みです。中の具材も食べているうち好みが決まり、オーダーはいつも3種類に固定しました。


夏にオーダーしたいアイスクリーム

IMG_5241.JPG


この店で、夏に絶対オーダーしたいのが、アイスクリーム(Helado ヘラド)。いちご果肉がたっぷり入っており、美味。ひとつ$2.5。エンパナーダはオーダ後に揚げるので、アイスクリームを食べながら待つのが、おすすめ。


お持ち帰りしたエンパナーダ

IMG_4163.JPG


エンパナーダをお持ち帰りにしました。この店の好きなところは、ソースを無料でくれること。唐辛子とシアントロの入ったグリーンソース(チミチュリソース)は、エンパナーダだけでなく、お肉につけてもおいしい。オレンジ色はオーロラソースで、ケチャップとマヨネーズ。


また、女性オーナーシェフだけに繊細な気遣いがあり、種類ごとにメニュー名が書いてある小袋に入れてくれるので、中身がわかりやすいところも気に入っています。


ハムとチーズ(小麦粉)

IMG_4171.JPG


刻んだハムととろけるチーズがおいしい。


ほうれん草とリコッタチーズ(小麦粉)

IMG_4180.JPG


このエンパナーダは、ワインと合わせたい。ほうれん草とリコッタチーズがマッチする、大人味。


たまごとベーコン、ハム、チーズ(小麦粉)

IMG_4176.JPG


朝食(Breakfast)とネーミングされた、スクランブルエッグとベーコン、ハム、チーズ。優しい味わいが好きです。


できたてがおいしいと思いますが、時間が経っても、フライパンで温めなおすと、さっくりおいしく食べられます。


現在はまだ、新型コロナウイルスの感染拡大防止の時期であり、海外旅行は先の話になりますが、収束後いつかニューヨークに異国の味を試しに来てくださいね。


All Photos by Sara Aoyama



■Empanadas Cafe(エンパナーダ カフェ)


・住所: 5627 Van Doren St, Queens, NY 11368
・電話: 718-592-7288
・営業時間: 7:00〜20:00
・定休日: 月曜日
・URL: http://www.empanadascafe.com


2020年8月現在の情報のため、変更する可能性があります。詳しくは、公式ウェブサイトで確認してください。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員の青山 沙羅 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員
名前:青山 沙羅 さん

青山 沙羅 さん

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

ニューヨーク3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > 【コロナ禍で再開した店】愛しのエンパナーダ NYCクイーンズ区 ご近所の異国グルメ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について