トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYC生活 ニューヨークの暑い夏をうなぎで乗り切る

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

NYC生活 ニューヨークの暑い夏をうなぎで乗り切る

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年8月 5日

ニューヨークの夏は短いけど暑い
IMG_5099.JPG 近所で咲いていたひまわり


青森県と同じ緯度のニューヨークは寒冷地で、1年のうち半分が冬。夏はほんの2ヵ月ばかりといったところですが、短いゆえに暑いです。ここ数年過ごしやすい夏だったのですが、2020年は最高気温摂氏37度を何度かマーク。しかも2020年の今年はマスク着用の異例な夏なので、暑さがこたえますね。8月に入ると、風に初秋の気配を感じて、少し暑さが和らぎます。でも今年はまだ、30度を超す日が2週間くらい続きそう。ニューヨークシティは、昨日は台風でした。


2020年の土用の丑の日は2回


暑さを乗り切るには、スタミナをつける食事がいちばん。ウチの主人は、うなぎが大好物。2020年の土用の丑の日は、「7月21日」と「8月2日(二の丑)」の2回あることを調べあげていました。私はいつもすっかり忘れているのですが、彼は土用の丑の日にうなぎを食べることを決して忘れません。


うなぎは日本食スーパーから、真空パックを買ってきてもらいました。日本食スーパーはマンハッタンに何軒かありますが、私の住むクイーンズにもあります。今回はフォレストヒルズのSakura-ya で購入。


1回目の土用の丑の日 2020年7月21日


IMG_5040.JPG
うな丼


IMG_5132.JPG
うざく(うなぎときゅうりの酢の物)


1回目の土用の丑の日は、うな丼とうざく。真空パックでも柔らかくて美味。特にうなぎの端っこを使ったうざくは、酢の物がすっきりさせてくれ、たいへん気に入りました。私は料理が得意ではないので、主人が作りました。


2回目の土用の丑の日 8月2日

IMG_5118.JPG
ひつまぶし風


IMG_5126.JPG
うなぎ入り茶碗蒸し


2回目は、ひつまぶし風に、うなぎを刻んでいます。ごはんの上には錦糸卵、うなぎの刻んだもの、トッピングは三つ葉ではなく、レタスです(笑)。レタスをトッピングするあたりがアメリカですね。三つ葉はお高いですし、グリーンの彩りがあればいいので問題ありません。うな丼もいいのですが、個人的にはひつまぶし風が好き。


「夏には熱いものを」といいますが、汗をかきながら食べた茶碗蒸しもおいしゅうございました。料理上手な主人で、私はラッキーです!


主人は大好きなうなぎを2回も食べられて、うれしかったみたいです。今年はビーチにも行けず、マスクをした夏だけど、うなぎダブルで元気が出ましたよ。


All Photos by Sara Aoyama

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員の青山 沙羅 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員
名前:青山 沙羅 さん

青山 沙羅 さん

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

ニューヨーク3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYC生活 ニューヨークの暑い夏をうなぎで乗り切る

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について