トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYC生活 自宅にいる時間が長いと、気になること

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

NYC生活 自宅にいる時間が長いと、気になること

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年8月 4日

自宅にいる時間が長いと、気になること


ニューヨークシティでは経済再開は始まっているものの、デパートやショッピングモールは閉鎖中、店内での外食は禁止、図書館や美術館も開いてないので、自宅にいる時間が長くなりますね。現在は無職(涙)ゆえ、家事はあまり(ほとんど)しておりませんが、専業主婦ということになります。


無職になり、自宅にいる時間が長いと気になることがあります。
今まで仕事をかけ持ちしていたので、「忙しい」を口実にザッとしかしていなかった掃除。部屋のあっちもこっちも、キッチンもバスルームも、汚れが目立ちます(恥)。時間はたっぷりあるのだから、もっと掃除をしなきゃねってことで、自宅にいる生活になってから、今までよりは掃除をするようになったかも?


IMG_5097.JPG
近所の御宅の花


スーパーマーケットで一番混んでいる売り場


コロナ以降、スーパーマーケットで混んでいる売り場といえば、食品売り場でもトイレットペーパー・コーナーでもなく、「住宅用洗剤売り場」。いつも人が群がっており、商品補充が追いついていません。かなり売れているのでしょう。


コロナウイルスを持ち込まないよう、ドアノブやテーブルの上などマメに掃除することが推奨されているので、そのためもありますし、皆私と同様、手抜きしていた掃除に罪悪感を感じ始めたのでしょう。その辺の主婦の心理をうまく利用して(?)、テレビでも洗剤のCMが多くなりました(苦笑)。


頭の痛いバスルーム掃除


掃除のなかで嫌いなのは、やっぱりバスルームの掃除です。トイレはいいんですが、バスタブ、シャワーの水周りは、汚れやすいし、力がいるし、うんざり。おまけにカビが出やすいし。


バスタブについてしまった水垢や石鹸カスなども、なかなか取れなくなってしまい、重曹を使ったり、オキシ漬けにしてみたりしたものの、なんだかスッキリしません。苦手意識の強かったバスルーム掃除で、肩の荷が下りたのはコレを使ってから。


バスルーム掃除が簡単になった〜


アメリカではおなじみの、住居洗剤関連の「ミスタークリーン」。同社のマジックイレイサー(Magic Eraser 日本では激落ちくん のようなもの)は以前から使っていたのですが、「マシにはなったかな」程度で劇的な効果は感じられませんでした。


「あ、新製品があるな」とあまり期待せずに買った、Mr. Clean Magic Eraser Bath with Febreze Lavender Scent - 4ct   $4.99(クイーンズのスーパーマーケット価格)。


IMG_5137.JPG

これがよかった!!
力を入れなくても、バスタブのザラザラが取れていく〜。長年の悩みが解消。バスタブも、ずいぶん白くなりました。よかったので、慌てて同じものを買いに走りました。いろいろなバスルーム洗剤を使いましたが、これはおすすめです!


バスルームのタイルの目地のカビなども落ちます。


Mr. Clean Magic Eraser Bath with Febreze Lavender Scent - 4ct   $4.99(クイーンズのスーパーマーケット価格。税別)。


IMG_5138.JPG



従来のマジックイレイサー、アメリカ版激落ちくん。2倍の効果、4倍の効果、薄型タイプ、シートタイプなどひととおり使いましたが、バスタブの汚れにはイマイチでした。壁の汚れやシミは、よく落ちます。


あわせて使っています


IMG_5144.JPG


バスルーム掃除にあわせて使っているのが、同社の万能住居洗剤。キッチンでもバスルームでも使えます。これはCMで見て、洗脳されて欲しくなり(苦笑)、買ったもの。バスタブにこれをスプレーしてから、バスルーム用のマジックイレイサーでこすると、水垢や石鹸カスがほぼ取れます。お試しあれ。


Mr. Clean Clean Freak Cleaning Mist Multi-Surface Spray - Lemon Zest Starter Kit - 1ct/16 fl oz  $4.99(クイーンズのスーパーマーケット価格。税別)。


ただし、マジックリンのように強い洗剤なので、普段の拭き掃除などには匂いが強すぎるので使いません。ウチの場合、バスタブ専用ですね。普段使っている自然派タイプ洗剤は、また次回にでも紹介しますね。


All Photos by Sara Aoyama

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員の青山 沙羅 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員
名前:青山 沙羅 さん

青山 沙羅 さん

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

ニューヨーク3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > NYC生活 自宅にいる時間が長いと、気になること

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について