トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > 失業の恐怖、マスク人口が増えたニューヨーク【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

失業の恐怖、マスク人口が増えたニューヨーク【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 / 美容・健康・病院 投稿日:2020年3月19日

2020年3月18日現在ニューヨーク州感染者数2914名

DSC_0347.JPG

2020年3月17日 店内での飲食が禁止により、客席を片付けたグランド・セントラル・ターミナルのフードコート。


2020年3月18日付在ニューヨーク日本国総領事館の「総領事館からのお知らせ」メールによると、現在のニューヨーク州の感染者数は2914名。死亡数は20名。各地でドライブスルー型の検査施設が設置されたこともあり、感染者数は前日の2倍に。


ニューヨークシティのクイーンズ区ウッドサイド(Woodside)の教会関係から7名が発症、またマンハッタン区トライベカ(Tribecca)勤務の警察官およそ30名が発症したというニュースがあります。


■参照記事

Coronavirus Update: 7 Cases Confirmed At 2 Catholic Churches In Queens CBS Local
https://newyork.cbslocal.com/2020/03/18/coronavirus-queens-catholic-churches/

More than 30 cops at NYC precinct call out sick after officer tests positive for coronavirus NY Daily News
https://www.nydailynews.com/coronavirus/ny-coronavirus-nypd-precinct-positive-coronavirus-20200318-hq5bywmnwbavxmulywl3imau4i-story.html

3月18日現在,当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。( )内は前日の数


○ニューヨーク州:感染者数2,914名(1,544名),死者数20名(12名)
・感染者数内訳(主なエリア)
ニューヨーク市:1,871名(814名)
ウエストチェスター郡:538名(380名)(ニューロシェル「封じ込めエリア:3/15ー25」は現在も有効)

○ニュージャージー州:感染者数427名(267名),死者数5名(3名)
○ペンシルベニア州:133名(96名)
○デラウェア州:25名(8名)
○ウエストバージニア州:1名(新規)
○コネチカット州フェアフィールド郡:48名(29名)
○プエルトリコ:5名(5名)
○ヴァージン諸島:1名(新規)


■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/




マスク人口が増えたニューヨーク

ビニール.jpg

2020年3月16日 地下鉄車両内でマスクをした上に、ビニール袋で顔を覆っている人。


外出すると、今までマスクが嫌いだったはずのニューヨーカーの半数以上がマスク姿。どこで買ったのか? と思う様々なマスクをしています。地下鉄車両内では、マスクをした上にビニール袋で顔を覆っている、オリジナル抗菌アイテムを身につけている人が。もう見た目は気にせず、身を守ることだけが大切?



失業の恐怖に慄くニューヨーカー

カフェ.jpg

2020年3月18日 店内での飲食が禁止により、カウンター客席にテイクアウト容器を詰めたゴミ袋を置くマンハッタンのカフェ。


2020年3月18日クオモNY州知事は、全業種で労働者の50%以上を出勤させてはならない(人による感染を防ぐため)という行政命令を、3月20日(金)に発動すると発表。労働者は自宅勤務なら幸運で、多くは自宅待機という名の失業状態になります。自宅勤務できる職種以外は、外出して日々ウイルス感染の恐怖と戦うか、あるいは失業状態かの最悪の2択になります。すでに、飲食業はデリバリーとテイクアウトのみ。ただし通学・通勤がないため、ほとんどの店は閑古鳥で、閉めてしまった飲食店も多数。大型ショッピングモールやデパート、アップルストアなど、ライフラインに関わらないビジネスは、行政命令によりすでに閉鎖しています。他の自営業(ランドリー、酒店ほかライフラインに関わるか微妙な業種)は、不安とともにニュースをチェックしながら行政命令を待っています。

なお、警察、食料品店、薬局、ヘルスケア関連業務などは例外となります。




アメリカ50州すべてが感染

2020年3月18日ジャスティス州知事が、ウェストバージニア州でコロナウイルスに感染した患者を確認した旨を発表。これでアメリカ50州全ての州で感染が確認されました。



新型コロナウイルスの影響について、ニューヨーカー(アフリカ系アメリカ人女性)に聞きました

新型コロナウイルスの大流行は、現在全世界で一番の関心事で、大きなダメージです。玉石混交の情報が飛び交うなかで、実際にニューヨーカーはどう考え、行動しているのか伺いました。回答してくれたのは、60代のアフリカ系アメリカ人女性Lさん(英語学校教師)。



新型コロナウイルスは、現代の「ペスト」である


    1.あなたの新型コロナウイルス対策について教えてください。

    私は建物内(自宅のアパートを含む)に入ったらいつも、手を洗います。手洗いは、暖かいお湯、よく泡立てた石けんを使用し、自分の身体には触れないようにしています。


    2.仕事や生活に対する支障はいかがですか。

    今までよりももっと、頻繁に友人に電話をかけるようになりました。通常は通っていた教会の集会が、電話での連絡会議(話し合い)に変わりました。(10人以上の集まりは禁止されたため)


    3.新型コロナウイルス情報を何から得ていますか。

    CDC (Centers for Disease Control and Prevention 米疾病対策センター)の情報を読み、友人と話しています。


    4.アジア人に対する差別をどう思いますか(新型コロナウイルスが発生した中国人およびマスクの習慣があるアジア人に対して)。

    疾病を理由に人種差別をするのは、道義に反することです。人種差別主義者が彼らの狂気を発散するため、単なる言い訳に使っているのでしょう。


    5.新型コロナウイルスはいつ終結すると思いますか。

    私が見たり読んだりしたことを基に考えると、これは現代の「ペスト(抗生物質の発見前に、全世界的な大流行した感染症。世界で5000万人もの人が亡くなったと言われる。)」と確信しています。新型コロナウイルスは昔のインフルエンザのようであり、決して消え去りません。私たちは、早くワクチンを開発する必要があり、ワクチンで制御をすれば、致命的な病気ではなくなるでしょう。



まだ先の見えない、新型コロナウイルスの終結。ニューヨーカーはどう感じているのか、引き続き生の声をお届けしたいと思います。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員の青山 沙羅 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク3特派員
名前:青山 沙羅 さん

青山 沙羅 さん

はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

ニューヨーク3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク3特派員 > 失業の恐怖、マスク人口が増えたニューヨーク【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について