トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > NYからプリンスエドワード島小旅行 前編 ~アンの世界へ

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

NYからプリンスエドワード島小旅行 前編 ~アンの世界へ

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年8月31日

ANNE NO NOMIMONO.JPG

ニューヨークから夏に行きたい小旅行は、避暑地のニューイングランド。

ケープコッド、ボストン、メーン州までは車でちょくちょく足を延ばしたので、今回はさらに北のプリンスエドワード島(カナダ領)へ行ってみることにした。
車だと10時間はかかる。 時間があればドライブでもいい。しかし4日間と限られた旅だったので、シャーロットタウンまで飛行機を利用することにした。
ニューヨークからは、カナダのハリファックスまで行き、そこからレンタカーで3時間ほど北上したプリンスエドワード島へはいることもできるが、ハリファックスへの直行は限られ、特に夏は料金が高い。

たまたまトロント経由、シャーロットタウンまでの往復が、エアカナダで300ドルちょっと、というグッドディールを見つけたので即購入。一気にプリンスエドワード島に到達することにした。

さて、期間は7月11日~14日。フライトは乗換えでも、さしたる遅れはなくあっという間にシャーロットタウンの空港へ。


小さな空港なので、みやげ物店もあまりない。AVISやハーツのカウンターが並んでいるので
そこで手続きをして、車のKEYを受け取る。外のパーキングにレンタカーが止めてあるのだが係員もまったくいないという簡素さ。どうやら、ここで車を借りる人はそんなに多くないらしい。

PE Airport.JPG

ちなみに車はハーツのコンパクトカーで、フル保険をかけても72時間で300ドル以内だった。
(ただ、72時間を越すと、さらに1日分の保険代等かかってくるので、レンタカーの借り出し、返却時間は十分注意しよう)

空港からシャーロットタウンまでは約8kmとそんなに遠くはない。
実はカナダで運転するのは初めてで緊張していたが、道は空いているし、アメリカとほぼ同じ交通標記なので、まったく問題はなかった。つらつらと西へ転がしていると、あっという間に街中へ入っていく。

PE-LOBSTRE-PLATE.jpg

ニューイングランドの名物といえば、ロブスター。こんなナンバープレートを見るとニューイングランド地方に来たことが実感できる。。


1泊目はシャーロットタウンのはずれのB&Bを予約していたので、ひとまずチェックイン(ホテルではないので、チェックイン時間に注意)
それから街へ繰り出してみる。

PE--CHarlotte-town.jpg

シャーロットタウンは、ほんとうに小さいな街で、見所は数ブロック以内におさまっている。徒歩で十分だ。適当に車を止めると、目抜き通りのユニバーシティー通りをぶらぶらと散策してみる。

さすが赤毛のアンの島。みやげ物店、カフェ、スイーツ、劇場まで、アンのグッズや看板がいっぱい。

PE-MIYAGE.JPG

せっかっくのレンタカーなので、翌日はイーストポイントまで到達しようと東に向かってみる。が、海岸線をグルグル廻っていくと思いのほか時間がかかる。あなどっていたが、プリンスエドワードは意外と大きい島なのだ。午前中が少、曇りのこともあり、モンタギューで方向転換して、また中心部に戻ることにした。とりあえずは、アンの世界の広がるキャベンディッシュを先にみておこう。

キャベンディッシュは言わずと知れた「赤毛のアン」の「アヴォンリー村」のモデルと言われる地。素朴な牧草地と北の海岸線、美しい森が広がるところである。

グリーン・ゲイブルズ=「赤毛のアンの家」は6号線と13号線のコーナーからはいる。夏でも人や車の少ないこの地でも、シャーロットタウンとここキャベンディッシュだけは、観光客でごった返している。

ANN NO MODEL NO IE.JPG

もっとも敷地内が広いので、それほどの密集感はない。家の外の芝生でゴロンとくつろいだり、「恋人の小径」と言われる森のトレイルを散策したりと、観光客も思い思いの「赤毛のアン」気分を満喫している。

PE Ann s Garden.JPG
PE-ANnno Mori.JPG

家の中は、まさに「赤毛のアン」の世界。マシューの部屋、マリラの部屋、ダイニングルームなどが、物語そっくりに演出されている。その中でも一番人気はやっぱりアンの部屋。
ANN no HEYA.JPG

また近くには郵便局もあり、ここにもちょっとした歴史展示コーナーがある。
展示物でもっとも感慨深かったのは、働く郵便局員の試練。当時は陸と島をつなぐ橋がなく、冬の厳しい寒さで身も凍る海からボートを必死に引っ張り出し、郵便物の受け渡しをしていたのだそうだ。モンゴメリの原稿もボストンの出版社へ届けられるためには、当時のこの郵便局の人たちの働きがあってこそなのだ。ここの展示は無料。記帳ノートには、様々な観光客の感想が書き込まれている。日本人も日本からだけでなく、私のようにニューヨークから訪れている人もちらほら見受けられた。

PE Post Man.JPG

アンの家からさらに西に行くと、グリーン・ゲイブルス博物館がある。

PE Ann s House.JPG

モンゴメリが過ごした部屋、使用したオルガン、ドレスなどを展示。

ANn no organ.JPG
ANN NO DORESS.JPG

他にもモンゴメリの生家やお墓など、「赤毛のアン」が大好きという観光客には見所がたくさん。
私は時間がなかったので、そこまでたどり着けなかったが、「赤毛のアン」がお目当ての旅ーーという方には、最低中2日間は費やしてほしいところである。

後編は、燈台のある風景へ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > NYからプリンスエドワード島小旅行 前編 ~アンの世界へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について