トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > 郵便局で投函。クリスマスカード・ギフト送付はお早めに

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

郵便局で投函。クリスマスカード・ギフト送付はお早めに

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2013年11月30日

11月のお題が郵便ポスト。
これまでいろいろな国のポストを見てきた。日本の赤いポストもかわいいけど、初の海外旅行で行ったニューカレドニアのポストも小さくてお洒落だった。「ココティエ広場で絵葉書を投函する」というキャプションの写真を撮ったことがある。北欧のポストもカラフルだった記憶が。

ところがここNYのポストはーーー残念ながらゴミ箱のようなのだ。

POST2.jpg

しかも古びて汚れてたり、さびていたりすると「このポストはほんとうに使われているのだろうか」
と不安になったりする。(撤去していないから集配はされているのだろうーー)と言い聞かせて投函。おまけにこのポスト。口がかぱっと大きめに開くからほんとうにゴミ箱のようだ。

POST1.jpg

誰かいたずらに飲み物の空き缶をいれないだろうか。もしくは海外の観光客がゴミ箱と間違えないだろうか。
と、不安に刈られる私は、投函するときはオフィスビルに備え付けの小さい投函口、もしくは郵便局で投函。時間がないときだけ街角のこの郵便ポストを利用する。
しかし、米国生活を始めて以来、郵便が届かなかったためしがないので、まあこのゴミ箱のような郵便ポストもちゃんと機能しているのだろう。

UNITED PODT OFFICE.jpgUSPS.jpg

さて、もうすぐクリスマス。ポストカードやギフトはお早めに。ミッドタウンの大きな郵便局はグランドセントラル駅に隣接したレキシントン街沿いにある。
最も大きな郵便局はハイライン、ペン駅の近く。8番街32-33丁目にある歴史的建造物の郵便局だ。(写真↑)

毎年クリスマスになると、郵便局には大勢の人が押し寄せる。特に1週間~10日前になると、大小のパッケージを持った人々が30分ー1時間の待ちを覚悟で列に並ぶ。中には郵便局で座り込み、その場でパッキングを始める光景も!

日本へ送るポストカード/クリスマスカードの封書だったら切手だけ自動販売機で購入し、その場で投函することができる。

ポストカードは、日本へは$1.1(2013年11月現在)。封書は重さによるので

http://postcalc.usps.com/

にアクセスし、「JAPAN」を選んで料金をチェックする。

余談になるが、17年ほど昔、タイのバンコクからワシントンDCに住む知人にクリスマスカードを送ったことがあった。そのクリスマスカードはなんと1年後のクリスマスの日に届いた。どこで保管されていたのだろう。。。今でも謎だ。


11月のお題 「郵便ポスト」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > 郵便局で投函。クリスマスカード・ギフト送付はお早めに

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について