トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > 今年のカリブはグレナダへ

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

今年のカリブはグレナダへ

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 投稿日:2013年8月 2日

Grenada Beautiful.JPG

毎年ニューヨークからカリブ海に繰り出しているが、行ってみたい所はフライトの乗換えが必要など不便なところが多くなってきた。マルティニーク、グアドループ、キュラソー。
かといってバハマやカンクン、ジャマイカ、プエルトリコ、USヴァージン、バミューダなど同じところはもう行きたくないしーー
というわけで今回選んだのは、グレナダ。毎日ではないが、デルタ航空が先年よりニューヨークから直行便を就航させている。そんなに混んではいないのに、航空運賃は700-800ドル。ためしにマイレージで取れるかWEBで確認してみるとこれが3万5千マイルで簡単に取れてしまった。

かくして今回はグレナダの旅が決まった。グレナダはカリブ海の東南に位置し、バルバドスの近く。ベネズエラやアルーバにも近い。フライトの出発時間がなんとJFKを1:40AM。翌朝の6:51AMにグレナダに到着する。(時差はNYと一緒)

カリブ海とはいえ、まだまだ知名度がないこの島へ行く観光客(?)はほとんどカリビアンやアフリカ系の人ばかり。里帰りと思いきや、米国のパスポートを持っている人も多い。

この島の特産は何かというとスパイス=香辛料なのだ。かつては、フランスの植民地でその後イギリスが植民地化。そして自治政府の確立。香辛料やコーヒー、カカオ、バナナなどの栽培が盛んだったようだが中でもナツメグは国の代表産物としてあげられる。

grenada2.JPG

さて空港からカリナゴビーチリゾートまでおよそ15分程度。タクシー代はイースタンカリブドルで40ドルだがUS$16 でもOKと言われた。リゾートは小さいベイに面したオーシャンインフロント。

KALINAGO BEACH.JPG

セントルシアのように島は起伏が多く、海沿いとなると、地形的に小高い山を下りたところにある。小さいベイは波もおだやかで、観光客も少なく、夕方ともなると地元の小さな子供たちの遊び場となる。
sunset and playing kids.JPG

つくられた快適なリゾートタイプのホテルはほとんどなく、地元の暮らしを損なわないエコ的なホテルがぽつぽつと建っている。

お隣のGRAND ANSE BEACHは、その美しさでは世界のベスト100のビーチに入るらしい。ダイビングの老舗ダイブグレナダやエコダイブのダイブボートはここから出発する。

2日目は首都のセントジョージに行ったが、地元の人ばかりであまり気の利いたみやげ物店はなかった。まだまだ観光地としては発展途上だが、それだけに地元の人たちとのふれあいで、ほんとうのカリブを知ることができる島といえるかもしれない。(しかし、バスがただのミニバンだったのにはびっくり。

korega bus.JPG

日本製などの中古車を使い、番号をフロントガラスに貼り付けただけの質素なもの。最初に乗るときは勇気がいる!)

グレナダマーケット.JPG

滞在中アジア人も4,5人しか見かけなかった。日本人もおそらく、カリブ海クルーズのひとつの寄港地として立ち寄るくらいだろう。

あまりにもやることがないので、最後はスクーバダイビングにトライ。ダイビングというスポーツは欧米観光客に人気だ。
グレナダダイブ.JPG

今回も1日前に申し込んだら、午前中の2本は満員御礼。なんとか午後1本に参加させてもらうことができた。オープンウォーターの講習を受けているひとたちも多かった。

ECO DIVE.JPG
(ECO DIVEで講習を受けている人たち)


器材込みで75ドル。海の中には人間の像をかたどったオブジェのパークがあり、グレナダの海はこれが名物らしい。しかし作られたものよりやっぱり泳いでいる魚を目の当たりにするほうがうれしい。
さて、レスキューダイバーの上の資格がダイブマスター。この講習料がグレナダでは1000ドル以下なのでいよいよダイブマスターに挑戦しようかな。。

下記は私が泊まったカリナゴビーチリゾート。人もフレンドリーでシュノーケリング3点セットやビーチタオルも貸してくれる。難点はフロントが24時間オープンでないこと。朝8時50分発の飛行機でギリギリ7時にチェックアウト。旅にハプニングはつきものだがちょっとあせった瞬間だった。

http://www.kalinagobeachresort.com/

(2階のテラスでブレックファースト↓)

Breakfast ha koko.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > 今年のカリブはグレナダへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について