トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > テロの悲惨さを忘れずに 〜トリビュートWTCビジターセンターで遺品を公開

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

テロの悲惨さを忘れずに 〜トリビュートWTCビジターセンターで遺品を公開

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2007年1月 9日

Tribute.jpg
昨年9月18日にオープンしたWTC(ワールドトレードセンター)の遺品展示会場に初めて足を踏み入れた。場所はテロ跡地、グラウンドゼロのすぐ横にある。ビジターセンターと言ってもかなり狭いところで、一階と地階のみだが、展示の内容はどれも重いものばかり。 100年も前の歴史的展示物ではなく私たちがいつも身近に持っているもの、たとえばメトロカードやクレジットカード、ドアのキー、フォークといった日常品。そういったものがゆがんだり、折れ曲がったり、不自然な姿になっているのは、見ていて何か胸のつまる思いがした。ぼろぼろの消防士の服もしかり。これを着ていた人は助かったのだろうか。なかでもユナイテッド航空機の窓枠の残骸は、爆発がどんなに凄まじいものだったかを物語っている。まるで何十世紀も海の底に沈んでいたかのような鉄の塊と化しているのだ。

在りし日のWTCのドキュメンタリーは、この高層ツインタワーとともに時代を生きてきたニューヨーカーにはなつかしくも悲しい映像であるかもしれない。展望台で初デートをしたとか、あるいは家族の誕生日でちょっとふんぱつして展望レストランに行ったとか、人それぞれいろいろな思い出があったにちがいない。行方不明者を探すおびただしい貼紙の再現は、当時のニューヨークがどんなにつらい日々を迎えていたか、外から訪れる人も身にしみて感じることだろう。

階下は記帳台が設けられ、英語のみならず日本語やスペイン語など思い思いに感じたことを書き連ねている。グラウンドゼロを眺めるだけでなく一歩足を踏み入れてより事件の概要を心に刻みつけたいなら、このセンターを覗いてみることをお勧めする。

Tribute WTC Visitor Center
120 Liberty Street New York, NY 10006
TEL: 212-393-9160 EXT. 138
時間:10時AM−6時PM (火、日は12時N-6時PM)
入場料:任意だが10ドルが望ましいとされる
(10ドルで、跡地周辺の徒歩ツアーにも参加できる。時間は平日1時と3時。週末は12時、1時、2時、3時)
サイト:  www.tributewtc.org

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > テロの悲惨さを忘れずに 〜トリビュートWTCビジターセンターで遺品を公開

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について