トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > USヘリコプターでマンハッタンからニューアーク空港へ

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

USヘリコプターでマンハッタンからニューアーク空港へ

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2007年1月12日

EWR%83w%83%8A.jpg

ご存知の人も多いが、ニューヨークシティーにはアクセス可能な3つの空港がある。
ラガーディア(LGR)とジョンFケネディー(JFK)そしてニュージャージー州側のニューアーク空港(EWR)。ニュージャージーということで距離もあり、ハドソンリバーにかかるトンネル付近の渋滞のせいか、マンハッタン在住者にはEWRを敬遠する人も少なくない。

このような状況から最近、EWRをハブとしているコンチネンタル航空が、ロウアーマンハッタンのヘリポート(バッテリーパーク近くのイーストリバー沿い)から、EWRまでのヘリコプターシャトル便をスタートした。これはUSヘリコプター会社との提携により実現にこぎつけたものである。

マンハッタンの突端方面まで行くのは面倒でもひと度到着してしまえばあとは楽。その場でセキュリティーチェックと荷物の預け入れが行われ、いざヘリコプターに搭乗。8人乗りタイプで、私が試乗した当日は雨にもかかわらず定刻で出発、多少の風でも揺れは感じない。飛び立ったかと思うとあっという間に着陸してしまい、高所、閉所恐怖症の私でさえ物足りなく感じたほどだ。

EWRの空港敷地内に到着すると、ゲートに接続しているのですぐにコンチネンタル航空に乗り換えられる。あとはフライトで目的地に到着したら、マンハッタンで預けた荷物を受け取るだけ。

お値段は一人$159ほどとお高めだがリムジンサービスとほとんど変らない。ヘリのシャトル便は午前6時台から午後6時台まで。

詳細はwww.continental.com もしくは www.flyush.com
でチェックしてみよう。

写真はヘリの中: 今日のパイロットは金髪ガール。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > USヘリコプターでマンハッタンからニューアーク空港へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について