トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > あれから5年。再開発に拍車がかかるグラウンドゼロとその周辺

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

あれから5年。再開発に拍車がかかるグラウンドゼロとその周辺

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2006年9月11日

テロ跡地.jpg

9.11の5thアニバーサリーの前日、久しぶりにグランドゼロ(テロの跡地の呼び名)エリアへ足を踏み入れてみた。跡地は去年と変わらず工事現場で建設材料らしきものもあまり見受けられないが、つい先だって、このグラウンドゼロに建設される3つの高層ビルとフリーダムタワーの完成予想図が公開された。(ビルの一つは日本人設計者、槙文彦氏が手がけるものだそうだ。)完成は2010年。これに先がけて、跡地の周辺は再開発がすすみ、なかでも、跡地に隣接するファイナンシャルセンターはこのエリアの生まれ変わりを予兆するかのような近代的都市空間に仕上がっている。4つのビルは1階と2階で連結され、吹き抜けの一面、贅沢なガラス張りのロビーには光があふれ、天井まで届く椰子の葉がくつろぎをさそう。ところどころに休息のベンチとテーブルが配置され、カフェやレストラン、バナナリパブリックやアンテイラー、ギャップなどのショップも軒を揃えている。メリルリンチやデロイト&トウシュなどの証券、会計関連の企業も入居しているようで、まさに新しい金融街として生まれ変わろうとしている。

外はヨットハーバーにフェリーターミナル。対岸のニュージャージーのビルや、自由の女神も眺めることの出来る多目的広場(ウインターガーデンという名がついている)。秋の気配で少し肌寒さ感じるものの、まだまだ外でくつろげるこの季節。ハーバーを一望しながら、スターバックスのカフェを片手に読書する人、レストランの給仕を受けている家族連れ、ローラーブレードで遊ぶ若者で賑わっている。
ビルの2階は、ブランド品のディスカウントデパート、センチュリー21に続くチャーチストリートへ抜けられるように連結されている。デパートへ行く途中に、犠牲者の遺品や写真などが展示された新設「トリビュートWTCビジターセンター」があるが、残念ながら一般公開は9月18日から。この施設については次回ご報告しよう。

NYに初めて来られる方もリピーターの方も、ぜひこのエリアに足を運び、生まれ変わろうとしているニューヨークのパワーを感じ取ってほしい。

写真は、9月10日。5周年式典の前日。すでに大勢の観光客や、レポーター、警察で混雑模様。この日ブッシュ大統領夫妻も追悼式典に訪れていたらしい。

跡地に立つビルの詳細は www.lowermanhattan.innfo
ワールドファイナンシャルセンター・ショップス&レストラン情報は
www.worldfinancialcenter.com
もしくは212−945−0505(TEL)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員の青木 多佳子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ニューヨーク特派員
名前:青木 多佳子

青木 多佳子

大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

ニューヨーク特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューヨーク特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューヨーク特派員 > あれから5年。再開発に拍車がかかるグラウンドゼロとその周辺

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について