トップ > 北米 > アメリカ > ニューオリンズ特派員 > Audubon Aquarium

アメリカアメリカ/ニューオリンズ特派員ブログ

Audubon Aquarium

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2010年7月14日

ニューオリンズには、有名な鳥類研究家、Audubonの名を冠した公園、動物園、昆虫館、そして水族館があります。

動物園と昆虫館はどちらもとても面白いので、また別の機会にご紹介しますが、今回は水族館のご紹介。

水族館はフレンチクオーターの川沿い、ショッピングセンターRiver walkの向かいにあります。

IMG_9660.JPG

まず入ると大きなクジラとサメの模型が頭上から見下ろしていて、人口の滝が流れています。通路をすすむと短いけれどタンクの中を通れるトンネルもあり、エイの顔が真下から見れて、愛嬌のある姿になごみます。

IMG_9663.JPG

夏休みということもあって子供でにぎわっていました。

展示は分かりやすく、英語ですが子供向けに読みやすい説明がされていて、勉強になります。夏休みの自由研究にはモッテコイ!

アマゾンコーナーはガラス張りの吹き抜けになっていて、植物が茂るなか展示物が観察できたり、展示の仕方もいろいろと凝っています。

水族館お決まりの熱帯魚やサメ、カメ、クラゲ、タツノオトシゴ、ペンギン、そしてラッコなどが並んでいます。この辺りはどこの水族館でも似たようなラインナップですが、ここの水族館で特筆すべきはミシシッピ川コーナー。

ここには南部エリアで見られる生物が展示されており、名物の白いワニさんもここに居ます。

IMG_9760.JPG

とっても大きくてびっくり!彼はアルビノ(遺伝子異常で色素が薄い)ではなく、単純に体が全部白いワニさんで、動物園にもいる白いワニさんとも親戚だそうです。

この水族館もハリケーンカトリーナの際は停電の被害にあい、たくさんの命を失ったそうですが、この白いワニさんは無事に生き残ったそうです。

その他、最近の事故でこれからの被害が懸念される、メキシコ湾の生物の泳ぐ巨大なタンクもあります。このタンクのスポンサーの表示があり、そこにBP社のロゴも連ねており、ちょっと複雑な気分! 大きな魚の群れやカメがゆうゆうと泳いでおり、彼らの無事を祈るばかりです・・・

IMG_9774.JPG


規模は小さめでこぢんまりとしていますが、白いワニさんを見るだけでも行く価値はあります。動物園にも白いワニさんはいますが、水族館のほうがダウンタウン、クオーター周辺に宿泊される場合は徒歩でも行ける距離ですのでおすすめです。

information(2010年7月10日現在)

Audubon Aquarium

#1 Canal Street
New Orleans, Louisiana 70130

(800) 774-7394

URL : http://www.auduboninstitute.org/visit/aquarium

月曜休館
火曜〜日曜 10:00〜17:00
大人 $34.95
小人(2歳から12歳)または65歳以上 $19.95

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石川 麻里子

アメリカ・旧ニューオリンズ特派員の石川 麻里子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ニューオリンズ特派員
名前:石川 麻里子

石川 麻里子

ニューオリンズ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューオリンズ(ルイジアナ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ニューオリンズ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ニューオリンズ特派員 > Audubon Aquarium

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について