トップ > 日本 > 奈良特派員 > 日本国技発祥の地・相撲神社

日本国内日本国内/奈良特派員ブログ

日本国技発祥の地・相撲神社

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月 4日

IMG_7573 (2).JPG

今回は奈良県桜井市にあります相撲神社を解説いたします。

DSC04129 (2).JPG


桜井から天理まで続いている「山の辺の道」の途中にある穴師(あなし)と呼ばれる場所にあり、古代の奈良を見渡せるとても気持ちの良いロケーション。


IMG_7577 (2).JPG

日本書紀によりますと今から2000年ほど遡る、第十一代・垂仁(すいにん)天皇の御世、大和国の當麻邑(たいまむら)に當麻蹴速(たいまのけはや)という人物がおり、手で角をへし折るほどの怪力の持ち主で、常日頃から「この世で自分と互角に力比べができる者がいれば、その人物と対戦したいものだ」と豪語していました。

その話を耳にした垂仁天皇はその話をお聞きになり、「どこかに當麻蹴速と互角に戦える者はいないのか?」と尋ねたところ、家来の一人が「出雲国の野見宿禰(のみのすくね)も相当な力自慢だそうです。この人物を呼び寄せ蹴速と戦わせてはいかがでしょうか?」と進言しました。

大いに賛成された天皇の命により二人が招集され、垂仁天皇7年の7月7日まさにこの地で野見宿禰と當麻蹴速の角力の対戦が行われました。この二人の力比べこそが相撲の発祥とされ、また日本初の天覧相撲であったと伝えられています。

IMG_7573 (2).JPG


国技である相撲の原点といわれるほどの神社ですから、国技館とまではいきませんが、それなりに立派な社殿が建っているのではないかと想像してしまいますが、ここには小さな祠がポツンとあるだけで、他に建物は何も有りません。

IMG_7576 (3).JPG

この石碑が置かれた場所で、壮絶な戦いが行われたことを感じることしかできませんが、昭和37年には大鵬(たいほう)と柏戸(かしわど)というに横綱をはじめとする五大関以下、全幕内力士が参列した顕彰大祭がおこなわれて、こちらの境内で土俵入りも行われています。


IMG_7574 (2).JPG

近い将来野見宿禰のように強い横綱が、日本から現れる日がくることを祈願して参りました。

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大向 雅

日本国内・奈良特派員の大向 雅が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/奈良特派員
名前:大向 雅

大向 雅

京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

奈良特派員トップにもどる


奈良県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

奈良特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 奈良特派員 > 日本国技発祥の地・相撲神社

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について